【未解決事件】女性が“何か”に怯える異様な映像と貯水槽の怪死体… 「エリサ・ラム事件」に急展開! 関係者の不審な動き… 新事実発覚で騒然

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

 2013年、米ロサンゼルスのホテルで一人のカナダ人女子大学生が姿を消し、その後ホテル屋上の貯水槽から遺体が発見されるという事件が起きた。亡くなった女性の名から「エリサ・ラム事件」と呼ばれるこの一件、当局は「不慮の事故」と結論づけたのであるが、遺体の発見状況、失踪直前の常軌を逸した行動を映した監視カメラ映像の存在、さらには現場が自殺や犯罪の多発する「呪われたホテル」であったこともあり、当時から多くの人々の関心を集めている。そして今、事件を追い続けるジャーナリストが「新たな事実を発見した」と主張している。

・ New Book on Elisa Lam Case Reveals Evidence of Criminal Coverup and Botched Investigation (The Mind Unleashed)

女性が何かに怯える異様な映像と貯水槽の怪死体… 未解決「エリサ・ラム事件」に急展開! 関係者の不審な動き… 新事実発覚で騒然の画像1
右:エリサ・ラム。画像は「The Mind Unleashed」より引用

■女子大学生の不可解な失踪

 2013年1月31日、米ロサンゼルスのダウンタウンにある老舗「セシルホテル」から、宿泊中の中国系カナダ人女子大学生エリサ・ラムが姿を消した。ラムは一人旅の途中だったが、毎日家族と連絡を取り合っていた。しかしこの日連絡はなく、心配した家族がロサンゼルス市警察に通報した。

 警察犬を投入してホテル内の捜査が行われたが、手がかりは見つからず、一週間後には公開捜査が始まった。それでもラムの行方は杳として知れず、警察は彼女の最後の姿が映ったホテルの監視カメラ映像を公開した。

 このビデオにより、人々の事件への関心は一気に高まった。映像はホテルのエレベータ内に設置された監視カメラで撮影されたもので、赤いパーカーと黒いショートパンツを着て、サンダルを履いたラムの姿が映されていた。しかし、そこに残されていた彼女の行動は明らかに普通ではなかった。複数の階のボタンを押し、ドアを閉じずに廊下を覗いて辺りの様子をうかがったり、操作盤の陰に身を隠すようにして立ったりと、まるで何かから身を隠しているかのような不審な行動を繰り返していたのだ。

 監視カメラの映像はYouTubeなど様々な動画共有サイトに投稿され、現在でも簡単に見ることができる。当時アップされた動画は2019年11月現在で通算2400万回以上再生されており、事件への関心の高さをうかがわせる。

 また、事件の現場であるセシルホテルが「呪われたホテル」として有名な場所であったことも、人々の興味をかき立てた。このホテルは1930年代以降、多くの犯罪の現場となっており、ホテル内での自殺や殺人事件のほか、ブラック・ダリア事件の被害者エリザベス・ショートが最期に宿泊した場所であり、連続殺人犯の「ナイトストーカー」ことリチャード・ラミレスが宿泊していたことでも知られている。ホテルのマネージャーが過去に「すべての部屋で誰かが死んでいる」と発言しているほどだ。

人気連載
【衝撃】親子でSEXを見せ合うヤバイ因習が西日本に実在! 「互いに刺激になって…」経験者が衝撃の実態暴露!

【衝撃】親子でSEXを見せ合うヤバイ因習が西日本に実在! 「互いに刺激になって…」経験者が衝撃の実態暴露!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  性に対する情熱や探...

人気連載
知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

知りたくなかった自分の「欲深さ」がわかる魔物占い! 貪欲、やや欲張り…Love Me Doが解説!

■あなたの“欲深さ” 「次のうち、魔物が住んでいそうなの...

コメント

6:匿名 2019年11月8日 04:50 | 返信

で、新事実とやらは?
本の宣伝だけされてもねえ

5:匿名 2019年11月8日 02:36 | 返信

蓋が開いてたから飛び込んだとして、発見時には閉まってたんだよね?誰が閉めたの?気付かなかったのかな?死んだすぐなら沈んでるかもしれないけど、そうでなければガスで浮いてたろうし何よりなぜかタンク内で脱いでたなら服が浮いてたはずだし。しかも赤いの。切断しないと取り出せないくらいの小さい蓋なら中はあまり見えなくて気付かないもんなのかな。開いてて飛び込んだとすれば自殺だろうけど、苦し紛れに脱いでしまったのか?既往歴があって悩んでたにせよ自殺ならタンクに飛び込むより飛び降りそうだけど。わざわざ屋上まで行ったのに入水はちょっと変だよね。陰謀説があっだところで、真相は恐らくわからんままじゃないかな。

4:匿名 2019年11月7日 13:24 | 返信

精神疾患の女だろ
通路奥にある鏡に映る自分の姿に反応してるだけ
これとっくに自殺と解明されてる

3:トランプ大統領 2019年11月7日 12:32 | 返信

シナ人は基本的にロボットでチョンの手下のゴキブリであるし、狭いところに入り込む習性がある。恐らく、気色悪い笑い声を上げながら、蓋を開けてインスタ映えするかもと思い、試しに入って見たのだろう。
こんなのは飼っているペットが穴に落ちたり、排水管に詰まって死んだのと同じた。
眉毛が薄く不細工であったのも原因の一つだと思う。不細工は犯行に及ぶ可能性が高い。操られて病気になる可能性が高いから、そうなるという事だ。不細工の腐った出汁を飲まされた方はたまらんな。

2:匿名 2019年11月7日 12:24 | 返信

これ、事件発生後の丁度1年後に日本人の方が現地に突撃して色々調べたはずですが、
その事って全然広まらずに消えちゃいましたよね

ミステリーのままにしておきたいから現実的な事はスルーみたいな

ちなみにエレベーターから屋上までセキュリティのない通路から行けて
貯水槽の重い鉄の蓋とやらは1年後も開きっぱなしという事でした
開きっぱなしの水をホテルの人が知らずにずっと使ってるのが一番怖い

1:匿名 2019年11月7日 11:15 | 返信

新事実発覚で騒然っていうけど
Gone at Midnight: The Mysterious Death of Elisa Lam
っていう本がでるってだけ?
そこにかいてある事実をちょっとも取材してないんだね。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。