米軍が70年間「反重力」研究を続けていることは紛れもない真実! ガチの公開資料で判明!

米軍が70年間「反重力」研究を続けていることは紛れもない真実! ガチの公開資料で判明!の画像1
画像は「War Zone」より

 ペンタゴン内で2012年まで存在していた極秘のUFO調査計画「先進的航空宇宙脅威認定プログラム(AATIP)」では、様々な推進システムに加えて「反重力の航空宇宙応用」が研究されていたことが明らかになっているが、米軍の反重力研究は今に始まったことではないようだ。

 軍事ニュース「War Zone」(10月29日付)によると、なんと米軍は70年も反重力を研究してきたという。

 米空軍の反重力研究は、1968年~1991年まで米・シンシナティ大学の物理学者だったルイス・ウィッテン教授の研究から始まった。ウィッテン教授のキャリアは重力、量子重力、一般相対性理論の研究にささげられている。

 ウィッテン教授は50年代にロッキード・マーティン社の前身であるグレン・L・マーティン・カンパニーの副社長ジョージ・S・トリンブルにリクルートされ、航空技術の技術的発展に特化した部署に配属される。ウィッテン教授がリクルートされた理由は、“反重力”の研究のためだったという。特にトリンブルは反重力研究の急先鋒だった。

 ウィッテン教授は、後にライト・パターソン空軍基地での反重力研究にも加わり、空軍でも反重力研究を行っていたそうだ。

 しかし、何もウィッテン教授の経歴がとりたてて異色というわけではない。航空ジャーナリストのアンセル・タルバート氏の調査によると、50年代にはほとんど全ての北米の航空会社が重力に関する研究を行っており、科学者らは反重力の実現について楽観的だったという。そうした中、空軍が反重力に注目したのも当然の成り行きだっただろう。

米軍が70年間「反重力」研究を続けていることは紛れもない真実! ガチの公開資料で判明!の画像2
画像は「War Zone」より

 しかし、70年代に入り、直接的な軍事研究以外を禁止するマンスフィールド修正条項によって、抽象的な反重力研究は下火になっていった。とはいえ、民間での反重力研究は引き続き行われており、空軍も影に日向に関わってきたそうだ。

 そして2006年、米軍研究所(AFRL)の要請で行われた研究では、2050年までに実現する未来の推進システムが紹介された。高周波電磁場を利用した推進薬なしのエンジンである。反重力という言葉こそ出てこないが、根本にある発想は類似している。その後も電磁場を推進力にしようとする研究は続いている。

関連キーワード:, , , ,

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

米軍が70年間「反重力」研究を続けていることは紛れもない真実! ガチの公開資料で判明!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル