来日中のローマ教皇、最後の教皇になることが900年前に予言されていた!聖マラキの予言…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 バチカンのローマ教皇フランシスコがこの11月に来日する。そしてローマ教皇が日本にやってくるのはこれが最後のことになると一部で囁かれている。なぜならフランシスコは最後のローマ教皇だからだ。

 

■「聖マラキの予言」ではフランシスコは最後のローマ教皇

 カトリック教会の最高指導者、ローマ教皇フランシスコが11月23日から26日の日程で、東京、長崎、広島を訪問することが予定されている。ローマ教皇が来日するのは38年ぶり2度目の出来事になるが、ローマ教皇の来日は今回が最後になることが一部から指摘されている。「聖マラキの予言」によればフランシスコは最後のローマ教皇であるというのだ。

「Express」の記事より

 北アイルランド南部のアーマーで生誕した聖マラキ(St.Malachy、1094-1148)は、聖職者として生涯を過ごし、死後に列聖されて聖人に認定された。一説では聖マラキは預言を行うことでも知られ、生前の預言を編纂したという「聖マラキの予言」が16世紀になって出版されている。

 そしてこの「聖マラキの予言」では全112人の教皇の特徴を順番に予言しているとされていて、この112番目の教皇こそが現在のローマ教皇フランシスコであるというのである。

「神聖ローマ教会の最後の迫害では、多くの苦難の中で信者を導くローマのペテロが君臨し、その後7つの丘の都市が破壊され、恐ろしい裁判官が民を裁く。終末」(「聖マラキの予言」より)

 これが最後の教皇“ペテロ”についての預言なのだが、この最後の教皇であるペテロが教皇フランシスコであるという。ペテロの就任後から世界は終末へ向けて動きはじめ、いくつかの都市が壊滅し、“最後の審判”を迎えることになる。

 世界が終末に突入したことを示す不気味な出来事も記録されている。前の教皇ベネディクト16世が2013年2月12日に退位を発表した時、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂に2度、雷が落ちたのである。この落雷は世界が終末に突入したことを示す天からのサインであるとともに、サタンがこの世に降りてきた証しだという。

コメント

7:匿名 2019年12月4日 14:43 | 返信

>> 1

その選択を尊重しますが、
私は閲覧を続けたいと思っています!

6:匿名 2019年11月27日 05:17 | 返信

で、この予言がはずれたら今度はどんな言い訳ならべるのかな?
タイミングがズレた、こよみがちがった、星のならびが修整?
アホか!

5:匿名 2019年11月26日 17:13 | 返信

世界的な背教と教会の腐敗
そしてバチカンにも敵が侵入し
地上の多くの人が死ぬ・・・云々というのは
多くのの聖人たちが預言している
 
こうした出来事は
まもなく起こるだそう
  
   
・・・とは言え、これは所謂
世の終わりではない

4:匿名 2019年11月26日 07:26 | 返信

遠からず最後の審判って事よね
恐いわ

3:聖帝 2019年11月26日 06:23 | 返信

いくらトップのお偉いさんが平和を唄ってもこの宗教の中が腐りきっている。外国に行く暇があるなら、自分とこの変態ロリコンどもをどーにかしろ!それとも、コイツもか?いずれにしろ、平和を叫ぶ資格は無い。ただ信者が多いだけです。

2:匿名 2019年11月25日 14:14 | 返信

1さんのいう通り、陰謀論にしたって踏み込んだような内容はまったくなくむしろ無名の一般人のほうがよりディープで自分の身が危険になるような内容の記事を書いている。日本の狂った社会的な実情をおそらく私よりは詳しく知っていそうなものなのにそれも言えないし書けない。

当たり障りのないことしか言ったり書いたりできない現代の政治家やことなかれ主義の日本人のようなサイトですね。

無難なことしか書けないならこんなサイト今すぐにやめたらいい。

1:匿名 2019年11月25日 13:56 | 返信

私、キリスト教徒ではないですが38年ぶりの来日です。いくらトカナのスタイルとはいえ酷いです。社会的な事件に関しても、心の傷む事件でも、いつも的外れな記事ばかり。いつも他人事。もう閲覧やめます。今まで、楽しませて頂いた事は事実です。ありがとう御座いました。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。