【ドヤ街】覚せい剤の町・西成で見つけた「ヤバすぎる張り紙」5つ! コンビニにありえない注意書き、壮絶事件…村田らむ取材!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 実際、麻薬の取引は目に見える場所でやっていた。少し裏通りを歩くと、ゴソゴソと売人らしき人と労働者らしき人が取引している。売人らしき人には10代に見える幼さの残る若者もいた。
 ホームレスに話を聞くと、数人から

「今はおとなしくなったよ。昔はドヤのカウンターで売ってたよ。シャブ。みんな買ってたね」

 という話を聞いた。

 すごい話である。ほんとかな? と思っていたのだが、2015年にドヤが覚せい剤密売の拠点として悪用されているとして、西成内にある簡易宿泊施設(無許可)が警察に捜査されていた。同年1月に覚せい剤違反容疑で逮捕された男女8人がそのドヤを覚せい剤の密売拠点にしていたという。

 ドヤの人たちは積極的に加担はしてなかったけど、今でもドヤと覚醒剤は密接した関係なんだなと驚いた。

 しかしシャブをするのはドヤだけではない。自宅でもする。

 西成内にある事故物件(人が亡くなった物件)を探していると、とある古い文化住宅「G」に行き着いた。

 1982年、「G」の2階に住む無職の47歳の男性は夫婦喧嘩から逆上し、台所から20センチの刺身包丁を持ってきて妻の胸を刺した。そして止めに入った11歳の息子も刺した。

 そのまま外に飛び出して、隣の部屋に住む夫婦を刺した。

 その様子をみて「救急車を呼ばなくては!!」と大騒ぎになってしまった部屋に飛び込み食事をしていた住人を刺した。

 たまたま出勤しようと部屋を出た女性の顔面を切りつけ、女性の悲鳴を聞いて部屋から飛び出してきた女性の父親を刺した。

 結局、妻、隣部屋の妻、食事をしていた住人、女性の父親の4人が亡くなった。

 ……ビックリするくらい壮絶な事件である。

 アパートの写真を撮っていたら、

「おい、なんや!!」

 と、オッサンに怒鳴られて、ちょっとパニックになって慌ててその場を離れた。

 西成を拠点に生活するホームレスのオッサンの中にはコツコツとお金をためて、定期的に覚せい剤を買っているという人もいた。家がなくてもシャブはやるのだ。

 覚せい剤を打ったあとは、テンションが上って自転車で他県まで行ったりするそうだ。シャブの力、恐るべしである。

 僕が西成に通ってホームレスの本を作っていた2000年代初頭は、西成内に掘っ立て小屋のような屋台がたくさんならんでいた。売っているのは、チーズとか缶詰とか保存食が多かった。酒もワンカップとかである。美味しくもなけりゃ、愛想もない。

「どういう客が来るんだろう? やっていけるのかな?」

 と思っていたが、実は覚せい剤を取引していたそうだ。

 2009年萩之茶屋地域にある屋台が、取り壊撤去されるさまは、ニュースになっていた。

コメント

7:トランプ大統領 2019年11月10日 11:32 | 返信

覚醒剤記事を書いたのは私に対してだろう!
調子に乗っていることが麻薬をやっているのと同じとチョンが言いたいらしく、奴がそう判断したから國母や田代が同時期に逮捕されたのだ。
遺伝子操作によって体が常に怠い、パペットがダルビッシュであり、先代の天皇のパペットがロリっ子ジャンヌであるから、ダルクなどという更生施設があるのだ。冗談の様で本気で作られているのだから嘘ではない。すべてチョンの仕業である。
私が思うのは、チョンのパペットである悪魔崇拝者の方が麻薬をやっている気がするのだが、気のせいか?みんな頭がおかしく精神病になっていて、俺のことを常に監視しているようで、喋りながら常にヘラヘラ気色悪く、いじめっ子の様ではないか?
あれは麻薬で頭がおかしいのと同じだ、何が違うのだ!それと、チョンが反社ではないなどと言っているが、こそこそ隠れて思わせぶりな態度で嘘ばかりを言って、人を殺して面白がっているだけで出てこないのだから、反社だろ!どの口がそんなことを言うのだ?ケツの穴か?ホモ野郎!お前のケツの穴にお前の大好きな覚醒剤を詰めてやんよ!桃太郎も、本当は鬼とグルであって、麻薬入りの黍団子で洗脳したお供の悪魔崇拝を殺す為に鬼ヶ島に行って裏切り殺害し、金をせしめてジジイとババアに金があるそこは黄金卿だと嘘を吹聴するという物語だろ!桃太郎が桃源郷という鬼が住んでいる地からやって来たであろう事からして俺はそう思う。俺を桃太郎にしようとしているに違いないし、仮にチョンであっても何ら不思議ではない。お前が創ったのだから、お前で勝手にやっていろ!俺は貧乏であるし宗教も全く関係ない。勝手に作って偽物を使ってユダヤ人の俺がやったように罪をなすりつけている。すべてお前の自作自演でチョンがすべて悪いのだから、お前のせいだろ!友達がいなくて、カラオケにすら行ったことが無いのも納得だ!
悪の張本人であり、機械なので動けないのだ。
以前、私の言ったことが正論であると言っていたのだから、認めてんだろうが!
この期に及んで何故嘘を吐くのだ?悔しくなったからか?チョンよ!
何が裏が取れてないだ?口ではなんとでも言えるぞ!
チョンの口なら何でも嘘を言える!そんなことを言うなら証拠を自分で見せて見ろよ!
出来ないだろ?お前が全部悪いのだ!すべてお前の自作自演だ!麻薬もお前が作って自分で打っているのだからお前が悪い!死ぬべきはお前だろう!

6:匿名 2019年11月10日 10:19 | 返信

ニホンと呼ばれる世界的に見てもきわめて終わったクニでは違法麻薬は取り締まるのに合法麻薬は取り締まらないどころか飲むことを推奨すらされ、健康保険まで適用される。世界的に見てもこの合法麻薬の蔓延り具合が激しいのはおそらくニホンがナンバーワンだろう。しかもそれプラス、年金と生活保護のアワセワザまで存在する(!)。
違法麻薬じゃ、年金と生活保護は受け取れんわなw
こういう輩なら西成やあいりんでなくとも、その辺の田舎にゴマンといるw
医者も儲かる、患者も金をラクしてもらえる、皆嬉しい幸せハッピーではないかw

5:匿名 2019年11月10日 09:47 | 返信

昨今、田代まさしが覚醒剤使用で中毒と騒がれている、そして文中には覚醒剤撲滅
覚醒剤密売人を摘発とでているがそもそも田代まさしは覚醒剤を売る売人から買った
使用したのであって自分で精製して作ったものではない、何が言いたいのかというと
密売の売人が居なければ買って使用する者も減るだろうということを言いたい、昔
使用していた人に係わったことがあるが、その時に係り官より知ったこと蜜売人は捕
まっても刑期がたったの5年だそうだ出てきたら他の職業に就ける訳もなく又、密売人
になるということを知った、要するに他人に覚醒剤を売りつける(金を持っている客は
徹底的にマークするそうだ田代まさしも魔の手に翻弄されたのか?)蜜売人組織は他人
を不幸にあるいは罪人・自殺者にしてでも金儲けをする人非人で重罪であるはずなの
に何故刑期が軽いのか不思議である50年位にはして欲しい。

4:匿名 2019年11月9日 23:25 | 返信

昔よくエッチなビデオ買いに行ってた

3:匿名 2019年11月9日 23:00 | 返信

「家がなくてもシャブはやる」

蓋し名言だな。
らむが書くと、こういうのを入れてくるから
面白い。

2:匿名 2019年11月9日 22:23 | 返信

福岡の警察の白い粉黒い武器にはかなわないな
白いと黒いが461と961で何かの電話番号を書いたポスターだった

1:匿名 2019年11月9日 17:44 | 返信

昔、専門学校時代、実習場が萩之茶屋にあり、天王寺から50円の電車賃で行った経験があります。暴動が終わった後でしたが、駅から降りると、おしっこの臭いでくさかったです。当時専門学校の先生から、じゃりン子チエのモデルの場所だと教えてくれたのでした。一人では怖くて誰かといっしよに行き帰りしてました。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。