ビートルズの故郷リバプールで驚愕の「タイムスリップ」事件が多発! 人々が異世界へ…リアル映画『イエスタデイ』状態!

ビートルズの故郷リバプールで驚愕の「タイムスリップ」事件が多発! 人々が異世界へ…リアル映画『イエスタデイ』状態!の画像1
ジョン・レノン(左上)、ポール・マッカートニー(右上)、ジョージ・ハリスン(左下)、リンゴ・スター(右下)。1964年初訪米した際にジョン・F・ケネディ国際空港にて。画像は「Wikipedia」より

 映画『イエスタデイ』が大ヒット上映中だ。同作はイギリスが誇る世界的ロックバンド・ビートルズが存在しないパラレルワールドに迷い込んだ主人公がビートルズの楽曲を歌い成功を収めていくストーリーを描く。

 ビートルズが結成されたのは60年代のことだ。それから半世紀以上経つが、今もその人気は衰えを知らない。ところで、ビートルズメンバーの出身地であるリバプールには、世にも奇妙なタイムスリップ・ストリートがあるという。もしかしたら、ここに行けば、若かりし頃のジョンやポールに会えるかもしれない。

 リバプールにある「ボルド・ストリート(Bold Street)」はタイムスリップ経験の絶えない場所として有名だ。ミステリーニュース「Mysterious Universe」(11月10日付)を参考に、いくつか有名な体験談を紹介しよう。

 ボルド・ストリートの最も有名なタイムスリップ体験談は1996年に報告された。フランクという名の男性が妻とともに、ボルド・ストリートで買い物をしていた。その途中、フランクは所用があり、あとで妻と「Waterstones」という書店で落ち合う約束をした。しかし、用事を済ませたフランクがWaterstonesに向かったところ、そこに書店はなかったのだ。フランクは元警察官であり、同地の地理には精通している方だった。奇妙な出来事はそれだけではなかった。通り全体が奇妙な雰囲気に包まれ、なにもかもが古めかしく見えたのだ。走っている車はどれも50年代のビンテージカーばかりで、通行人の服も明らかに半世紀ほど前のファッションだった。

ビートルズの故郷リバプールで驚愕の「タイムスリップ」事件が多発! 人々が異世界へ…リアル映画『イエスタデイ』状態!の画像2
ボルド・ストリート。画像は「Wikipedia」より

 フランクがおろおろと街を歩いていると、現代的な服を着た困惑した女性を発見した。その近くにはCrippsという女性服店があったが、ここはWaterhouseがあるべき場所だった。2人はとにかく事情を確かめようと店の中に入った。すると、そこにいつの間にか元の書店が現れたというのだ。

 後にフランクはボルド・ストリートの歴史を調べ、愕然とする。Crippsは1848年~1970年代に存在した当時の有名な洋服店だったのだ。これは人々の服装が50年代のものだったというフランクの証言とも一致する。彼はタイムスリップしていたのだろうか?

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

人気連載
8月10日~16日「今週のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い!先回りして回避、ラッキーアニマルも…Love Me Doが伝授!

8月10日~16日「今週のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い!先回りして回避、ラッキーアニマルも…Love Me Doが伝授!

■2020年8月10日~16日運勢「今週の不幸を回避し、...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ