2時間ごとに記憶がリセットされる16歳美少女 ― 今年の6月11日を永遠にループする“魂の牢獄”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 ビル・マーレイ主演の映画『恋はデジャ・ブ』(1993年)をご存じだろうか。マーレイ扮するTVキャスターがある日、同じ日(この場合、2月2日の祝祭日)を何度も繰り返し生きてることに気がつくというストーリー。

 ネタバレは避けるが、自己チューだった主人公が心を入れ替え、人のために生きるようになると、恋の行方も結果オーライで、笑えるし泣けるしの、まさにラブコメの王道のような作品だ。

 

■毎朝が6月11日、2時間おきに記憶がリセット

 しかし、現実はそのようなハッピーエンドとはいかないらしい。

 米イリノイ州に住むライリー・ホーナーさん(16歳)は、毎日を悪夢の中で生きているといっても過言ではない。

 今年6月11日、ダンスパーティーに出かけたライリーさんは、クラウド・サーフィングで頭上を移動してきた男子生徒に頭を蹴られる不運に見舞われた。その結果は深刻で、毎朝6月11日だと認識して目を覚ますという異常事態に。しかも、記憶は2時間おきに完全にリセットされてしまうのだった。

「Mysterious Universe」の記事より

「もし、わたしが昨日何かを学んだとしても、今朝目覚めれば、完全にデリートされてるんです。だから、今日授業が始まる前にもう一度、全部勉強し直さなきゃいけないんです」(ライリーさん)

 最初に病院に担ぎ込まれたときは、ただの脳震盪と診断されたそうだ。

 だが、度重なる発作に改めて精密検査をしたところ、なんと左脳が部分的に損傷していることが判明。 ところが、脳出血や腫瘍などは認められず、なぜこのような不可解な記憶の喪失が頻発するかは原因不明で、回復の見込みはないという。

 ちなみに、脳震盪による短期記憶喪失の多くは再発する可能性があり、6カ月以上続くものは永久的な障害を引き起こして、病状がさらに悪化するリスクもあるという。

 ライリーさんは現在、通学を続けているものの、自分のロッカーの場所が思い出せないため、所持品をすべて持ち歩いているそうだ。そして、アラームを2時間ごとにセットして、自分が書いた文字の羅列を見返さなければならないという、次の2時間までの記憶をつなぐために――。

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年12月4日 17:26 | 返信

詳しい人の。→詳しい人の助けが。
なんじゃね?

2:匿名 2019年12月2日 11:15 | 返信

こんな病気もあるんだな

1:匿名 2019年11月30日 00:50 | 返信

いちいち美少女とか付けるのレベル低い。やめようよそういうの。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。