「購入してはいけない商品」をFBIが緊急公開! 5つの危険…●●は家の中を全て覗いている!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
「購入してはいけない商品」をFBIが緊急公開! 5つの危険…●●は家の中を全て覗いている!の画像1
画像は「getty images」より

 今年もクリスマス・年末商戦の開始を告げるブラックフライデーがやって来た。11月の第4金曜日に当たる29日がその日である。日本では勤労感謝の日に合わせて1週間前の22日にセールを行う企業もあったが、海外ブランドやメーカーを中心に今も大幅な値引きセールが行われている。

 だが、こうしたセール品の中にFBI(米連邦捜査局)が、購入者に注意を促している商品が含まれているというのだ。米「Fox News」(29日付)が報じている。

 今週、FBIオレゴン州・ポートランド支局が、「スマートテレビ」の購入(希望)者への注意とアドバイスを公開したという。スマートテレビは従来のテレビ機能とインターネットやパソコンの機能を追加した一体型のテレビであるが、これのどこをFBIは懸念しているのだろうか?

 特に問題なのは、スマートテレビに内蔵されていることがあるカメラだという。友達や家族とのビデオチャットなどに使用するものだが、ものによっては誰がテレビを観ているのか識別し、その人物の好みに合わせた番組を提案してくれたりするそうだ。

「購入してはいけない商品」をFBIが緊急公開! 5つの危険…●●は家の中を全て覗いている!の画像2
画像は「getty images」より

 だが、これを悪用するハッカーがいるのだという。インターネットを通じてスマートテレビをハックし、内蔵カメラやマイクから家庭内を監視、さらにはテレビのチャンネルを自在にいじり回し、“不適切な映像”を流すこともできてしまうそうだ。

 さらに、プライバシー設定のされていないスマートテレビから、その他のデバイスもハックされる恐れもあるという。そうしたテレビがWi-Fiルーターへのバックドアとして使用され、同じWi-Fiを使用している他の機器にもアクセスされるかもしれないとのことだ。

 こうした危険を回避するため、FBIは5つの防御策を推奨している。

・購入したスマートテレビのモデルナンバーをインターネットで検索し、マイク、カメラ、プライバシーの設定方法を知る。

・セキュリティ設定を初期状態のままにしない。可能ならばパスワードも変更する。マイク、カメラ、個人的なデータの管理方法を購入前に確認しておく。もし任意でそれらをOFFにできない場合は別のモデルの購入を検討すべき。

「購入してはいけない商品」をFBIが緊急公開! 5つの危険…●●は家の中を全て覗いている!の画像3
画像は「getty images」より

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。