大衆向けの「遺伝子編集キット・The Odin」がバカ売れ中! 全人類“セルフDNA操作”時代に突入!

大衆向けの「遺伝子編集キット・The Odin」がバカ売れ中! 全人類セルフDNA操作時代に突入!の画像1画像は「YouTube」より引用

 昨年11月、中国で遺伝子編集ベイビーが誕生したというニュースが世界中を駆け巡った。その後、研究責任者の賀建奎(He Jiankui)氏が失踪し、肝心の赤ちゃんの方は賀氏のでっち上げとも噂されたが、「MIT Technology Review」(1月22日付)によると、実際に双子の遺伝子編集ベイビーが生まれていることを調査チームが確認したという。

 人体の遺伝子編集がいよいよ現実ものとなったわけだが、今度は元NASA研究員で物理生物学者のジョサイア・ゼイナー氏が注目を浴びている。ゼイナー氏は自らの遺伝子を自らの手で編集する“バイオハッカー”として知られており、2017年には編集したDNAを自らの体内に注入する様子を動画配信し、論争を巻き起こした。

大衆向けの「遺伝子編集キット・The Odin」がバカ売れ中! 全人類セルフDNA操作時代に突入!の画像2画像は「The Odin」より引用

 米放送局「CBS San Francisco」(1月29日付)によると、ゼイナー氏は、ゲノム編集技術「CRISPR-Cas9(クリスパー・キャスナイン)」の民間への普及に力を入れ、2016年には遺伝子編集キットを販売する「The Odin」を創設したという。同社ではバイオハックのオンラインクラスの他、カエルの遺伝子を編集するためのCRISPRキットなども販売。まだ人体を直接遺伝子編集するキットは発売されていないが、「The Ordin」のHPには“human”という項目もあることから、将来的な人体DNA編集を暗に示唆している可能性はある。

「普通の科学者はショウジョウバエの交尾や行動など、普通の人々にとってはどうでもいいことの研究に熱心です。ですが、私はドラゴンやスーパーヒューマンの作り方を研究したいのです。バカらしく聞こえるかもしれませんが、人間への遺伝子療法は90年代から行われているんですよ。バイオハックはうまく行っています。そして我々にはそのノウハウがありますし、人々に教えたいのです」(ゼイナー氏)

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ