【コナン君も推理不可】著名シャーロック・ホームズ研究者の死にまつわる未解決事件! 謎の追跡者、奇妙な言動… 小説の模倣殺人!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 2004年3月27日、リチャード・ランセリン・グリーンが、ロンドンの自宅アパートのベッドで、うつ伏せになって死んでいるのが発見された。捜査では、首に巻いた靴ひもを木のスプーンでねじりあげ、縊死したことが明らかになり、当初は殺人と断定された。

 この事件をさらに複雑にしたのは、実はグリーンは、かの有名な探偵シャーロック・ホームズと、その作者アーサー・コナン・ドイルの世界有数の専門家であることであった。

■シャーロック・ホームズ研究家の苦悩

 グリーンは1953年、英国北西部のチェシャーで生まれた。彼はわずか7歳の時から、シャーロック・ホームズに関する品の収集を始め、初版の本、映画関連品を含むコナン・ドイルの屈指のコレクターであった。彼は自分の家の屋根裏部屋に、かの有名なベイカー街のホームズの部屋さえ再現していた。

 オックスフォード大学で英文学を学んだ彼は、彼自身も著名な作家として見聞を広げるためにあちこちを旅した。

【コナン君も推理不可】著名シャーロック・ホームズ研究者の死にまつわる未解決事件! 謎の追跡者、奇妙な言動… 小説の模倣殺人!?の画像1
リチャード・ランセリン・グリーン 「Vocal」の記事より

 数多くの著作を出版していたグリーンであったが、彼の生涯をかけた仕事は、未完成であったアーサー・コナン・ドイルの伝記を書くことであった。すでにドイルの伝記は幾人かの作家によって書かれていたが、それらにはドイルの裕福な相続人である2人の息子、エイドリアンとデニスからの干渉があったといわれている。

 しかし、グリーンはコナン・ドイルの娘ジーン・ブロメットと親しい関係を築き、彼女が持っていた記録は、彼の研究の中で最も重要な部分を占めていた。

 グリーンの不可解な死の物語は、ここから幕開けとなる。

 2004年、国際オークションハウスのクリスティーズが、「コナン・ドイル・コレクション」を売却すると発表した。グリーンは、この豊かな資料がアメリカ人の手に渡る可能性に激怒し、この資料は、イギリスの図書館に引き継がれるべきと考えていた。彼はこの収集物の多くは、彼が発見したものと同じであり、また盗まれた品々であると確信していた。

 グリーンは、当然のようにクリスティーズにオークションの中止を訴えた。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。