妖怪、天狗、幽霊…超不思議な中野区「哲学堂公園」が面白すぎる! 心霊「首無しライダー」も出る!?

――B級スポット、樹海や禁断の土地、ホームレス取材を得意とするルポライター村田らむが寄稿!

妖怪、天狗、幽霊…超不思議な中野区「哲学堂公園」が面白すぎる! 心霊「首無しライダー」も出る!?の画像1

『中野区立哲学堂公園』に行くために、大江戸線の落合南長崎駅で降りる。

 僕は22歳で上京してすぐに、南長崎に住んだので少し懐かしい。

 僕の師匠はイラストレーターのレオ澤鬼だが、酒を飲んでしゃべっていると

「お前には哲学がないからいかん」

 とよく怒られた。たしかに哲学を勉強したことはないですね、と言うと

「そういうことやないねん。そういうとこがアカンとこや」

 とますます怒られた。

 どういうとこがアカンのかいつか聞こうと思っていたが、今年師匠は亡くなってしまった。もう聞くことはできなくなってしまった。

 僕は哲学がない人間だが、哲学堂公園はとても好きな公園だった。アパートから徒歩20分くらいの場所にあったので、時間があればフラフラと歩いて遊びに行っていた。

 町並みは年々変わっていくけれど(そう言えば僕が住んでいたときは、大江戸線も走っていなかった)、哲学堂公園はほとんど変わっていない。僕が生まれるずっと前から、基本的には変わっていないそうだ。

 とても奇妙で、不思議で、自然が濃い公園なのだ。

 哲学堂は1904年、井上円了によって建立された。井上円了は東洋大学の創立者として知られる人物である。

 井上円了は哲学堂を「教育的、倫理的、哲学的精神修養」の公園として構想したという。

 こう書くと「ああ七面倒くせえ」と思うかもしれないが、別に頭を使う必要はない。ただ公園内を歩いているだけでかなり楽しい。

 哲学堂公園には、実に77ヶ所のスポットがある。ひとつひとつ巡っているだけで、一日を潰すことができる。

 スポットにはひとつひとつ、かなり個性的な名前がつけられている。

「直覚経」「絶対城」「宇宙館」「聖哲碑」「髑髏庵」「鬼神窟」……

 などなど、中2的なワクワクネーミングが溢れている。

 正門にあたる「哲理門」が入り口になる。瓦には一枚一枚「哲」の文字が書かれていてとてもかっこうがよい。

妖怪、天狗、幽霊…超不思議な中野区「哲学堂公園」が面白すぎる! 心霊「首無しライダー」も出る!?の画像2

妖怪、天狗、幽霊…超不思議な中野区「哲学堂公園」が面白すぎる! 心霊「首無しライダー」も出る!?の画像3

「哲理門」は通称妖怪門と呼ばれている。その理由は、お寺だと仁王像が置かれている場所に「天狗」と「幽霊」の像が設置されているからだ。天狗は「物質の世界の不思議」、幽霊は「精神の世界の不思議」の象徴として展示している。

妖怪、天狗、幽霊…超不思議な中野区「哲学堂公園」が面白すぎる! 心霊「首無しライダー」も出る!?の画像4

 初めて見たときは、そんな像が設置されていると知らなくて、ギョッとしてしまった。かなり薄暗くてよく見えないのがじれったいし、とてもこわかった。いつかジックリ見てみたいもんだ、と思っていた。

コメント

3:匿名 2019年12月27日 11:41 | 返信

井上先生なら首なしライダーもそれはそれで面白いと思いそう

2:匿名 2019年12月26日 20:36 | 返信

70年代の米TVドラマ「事件記者コルチャック」に首なしライダーの話があった。
現代風に「事件記者コルチャック」をリメイクして欲しいよ~

1:トランプ大統領 2019年12月26日 04:35 | 返信

哲学がと聞いたとき、チョンを思い出した。
奴はロボットだから、哲学がないと設定が出来ないらしくパクリ難いらしい。
だから、何かと哲学がどうとか聞いてくる。
うるせぇんだよ!そういうのは決めつけるものではなく、常に変化するものだ。
お前の方こそ、その如何様インチキな態度を改めろなどと言ってぶん殴って置いて構わない。
関西弁なところといい、そいつはチョンだと思う。
キムチの樽を被ったロボットなので幽霊や妖怪の類である。そいつの話に耳を傾ける必要はない。
確かめるために質問して見るのも良いが、まともに答えられなかったら、その可能性は高いだろう。大体なんだその公園は!妖怪を知らんと見えた。私も妖怪扱いされるのだから、何かくらい分かるだろう。心霊スポットだと?笑わせてくれる。只の戯言にすぎん。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。