【朗報】夢の「やせ薬」実現が間近か! 食欲を抑える脳内神経回路が米大学研究で特定される! すべての中毒症状に効果あり!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

イメージ画像(ぱくたそより)


 肥満に悩む人々に福音か――。夢の「やせ薬」実現を予感させるニュースが飛び込んできた。空腹でないにもかかわらず映画館でポップコーンのバケットを買ってしまったり、スーパーで箱入りアイスクリームをかごの中に入れてしまったりする衝動的な摂食行動の原因とみられる脳内神経回路が特定されたのだ。

 アメリカ・ジョージア大学の研究チームが学術雑誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」で発表した実験結果によると、この神経回路を活性化したラットは衝動抑制が効かなくなり、与えたエサにすぐさま飛びつくようになったという。つまり、この神経回路を非活性化することができれば、食べすぎやジャンクフードへの衝動を防ぐことができるのだ。肥満を防ぐ「やせ薬」を創薬するうえで、薬を作用させる「ターゲット」が見つかったことに等しい。

 体温など体の機能を統制する視床下部にある脳細胞は、MCH(メラニン凝集ホルモン)を生成している。このホルモンは「食欲誘起ホルモン」とも呼ばれ、脳内でMCHのレベルが上昇すると食欲も上昇することがこれまでの研究で明らかになっている。

 しかし今回の研究は、食欲の大小というよりも、それを制御する「衝動抑制」について注目したものだ。

 実験では、ラットに特別な訓練を施し、レバーを押すと高脂肪で高糖質のエサの粒が出てきて食べられることを覚えさせた。この装置では、続けてエサの粒を出すためには、前回レバーを押してから20秒以上たってから押す必要があり、20秒たつ前にレバーを押してしまうと、秒数のカウントはリセットされてしまうというシステムになっていた。

 そして研究者らは、ラットの脳内で視床下部と海馬を結ぶ特定の神経回路を活性化させた。すると、ほとんどのラットは20秒たつ前にレバーを押すようになった。20秒前にレバーを押してしまえば、実際にはエサが得られない。それにもかかわらず、ラットは自らの衝動が抑えられなかったのだ。

関連キーワード

コメント

1:トランプ大統領 2019年12月28日 13:04 | 返信

何かを衝動的に大量購入して食べる事は無いが、人間はやたらと飲食しているので、よく胃の中に入るなと、感心してしまう。食べ放題、飲み放題で入るだけ飲食しているから、よく電車や駅のホームで吐いているのではないか?汚いんだよ!駅構内や電車内で吐いたら罰金にしてもらいたい。嘔吐物が臭え!トイレまで行って吐けない奴はゴミだ!一層の事、電車に轢かれて死んで貰いたい。その薬は全人類に処方した方が良いな。極端に頭が悪いから必要だろう!ゴキブリの様にやたら何でもかんでも食べ散らかすのだから、食べる事が少なくなればエコロジーになる。環境保護の観点からも、必要だと思う。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。