超ハイスペック「中華バイク」登場で日本製品が駆逐される…中国はもはや粗悪品大国ではない!

■レースが中国バイクを変えた

「10年ほど前までは中国のバイクといえば、すぐ壊れる粗悪品で知られていましたが、ここ5、6年で事情が変わってきました。5年ほど前に輸入したバイクが、すごくよかったんです。このころから中国で何かが変わったと思いました」

超ハイスペック「中華バイク」登場で日本製品が駆逐される…中国はもはや粗悪品大国ではない!の画像3
5年前に輸入した中国製バイク。日本製とそん色ない性能だった。

「変わったのは中国国内でモトクロスのレースが盛んに行われるようになったことです。おそらく向こうのメーカーもレースで勝てるバイクを作り始めた」

 なるほど、レースがバイクの性能を高くするという歴史は日本にもあった。1970年代、日本製のバイクは世界中に輸出されたが、その品質を支えたのは当時大流行していたモータースポーツだったのだ。

「いま中国ではオフロードレースが盛んです。モトクロスだけでなくエンデューロもやっています」

 エンデューロは日本国内でも盛んに行われている、山の中で人工的に作った障害物を乗り越える競技だ。当然、オフロードバイクにも高性能が求められる。

 中国のエンデューロレース。かなり本格的なコースになっている。走っているのは中国製のほかヨーロッパ製のバイクも見える。

 ところで、中国製バイクの性能が上がってきたのは、メーカーの体制もあるのだという。

「日本のバイクメーカーは、エンジンからフレームまで一貫して社内で設計、生産します。一方、中国では分業体制が広く進んでいて、エンジンだけを作るメーカー、フレームなどを設計するメーカー、パーツを作るメーカーなどが分かれているんです」

 こうした分業体制はヨーロッパのバイクメーカーに似ているという。

「イタリアやスペインではエンジンやパーツを買ってきて、自分のところはフレームだけ作って組み立てるというバイクメーカーが多いんです。中国にはバイクメーカーだけで数十社あります。小さなメーカーを含めれば100社を超すでしょう」

 分業で開発しているので、ある会社が優れた部品を作るとバイク業界全体で性能が上がるという仕組みだ。また、ヨーロッパ、アメリカのバイクメーカーは生産を中国に委託することが多くなったという。

「ポルトガルのAJP、アメリカのGPXMOTOなどは生産を中国で行っています。有名なヨーロッパメーカーも一部モデルを中国で生産しています」

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

超ハイスペック「中華バイク」登場で日本製品が駆逐される…中国はもはや粗悪品大国ではない!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル