イラン・アメリカ情勢の報道は嘘ばかり…真実を諜報機関関係が暴露! 「ウクライナ旅客機墜落」はイラン軍の誤射ではない!?

イラン・アメリカ情勢の報道は嘘ばかり…真実を諜報機関関係が暴露! 「ウクライナ旅客機墜落」はイラン軍の誤射ではない!?の画像1
画像は「VOA」より引用

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ齋藤が斬る! 国際ニュース裏情報】

 正月明けから米トランプ大統領は世界を驚かせていましたが、一体なぜあのような攻撃を仕掛けたのか? トランプ大統領の目的はなんだったのか? といった質問が私のもとに多数寄せられたので公開できる範囲内でお話しましょう。

 事件の発端は1月4日、アメリカ軍がイラクの首都バグダッドにいたイラン革命防衛隊コッズ部隊のガセム・ソレイマニ司令官を空爆したことでした。新年早々いきなりイラクの首都に空爆するなんて、トランプ大統領は狂ったのかと誰もが思ったはずです。

 しかし、私はこの時点ですでにかなり楽観視していました。なぜなら、この爆撃は突然でもなんでもないからです。昨年12月28日、イラク北部キルクークにあったイラク軍の軍事基地に親イラン派勢力によるロケット弾攻撃が行われ、民間のアメリカ人が一人死亡、アメリカ人とイラク人の軍人も数名負傷していたのです。これを受けてアメリカのマーク・エスパー国防長官は会見を開き、「さらなる攻撃の情報が入った場合は先制攻撃も辞さない」と警告を発していたのです。この会見が1月2日に行われ、爆撃は4日に実行されたわけですから、アメリカとしては単なる報復攻撃を行っただけだったのです。

 とはいえ、戦争につながるかもしれない爆撃をトランプ大統領はなぜ命じたのか、疑問に思う人も多いでしょう。

 そもそもトランプ大統領「撤退屋」です。

 アフガンからもアラブからも米軍を撤退してムダな出費を抑えたいというのが本音で、歴代大統領の中でも有数の反戦派です。

 なのに、なぜ報復攻撃をしたのかといえば、理由は簡単で、多くのマスコミも書いているように今年が大統領選挙の年だからです。アフガン、イラクからの撤退を進めていたトランプ大統領に対して、これを評価する声もある一方で、「弱腰」として非難する声もあり、この勢力の広がりに抗しきれなかったということです。

コメント

5:匿名 2020年1月31日 01:39 | 返信

記事を書いた斎藤くん、
記事のあちこちでイラクとイランを混同してない?(´・ω・`)
「イラクとアメリカが開戦」とか
「イランから撤退」とか(´・ω・`)
イランイラク戦争をイライラ戦争と習った私みたいな人は、イランとイラクを同じ植物だと考えてもいいと思うけど、斎藤さんレベルの人が間違えるってことは・・・
はっ!これは何かの陰棒よ!!(≧▽≦)ktkr

4:匿名 2020年1月30日 17:36 | 返信

シリア軍が誤ってロシア軍の電子偵察機IL20を撃墜したのと同じパターン。ユダ公のF16が偵察機をタテにして飛び、電波妨害波を出してシリア軍のレーダーを幻惑させ撃墜させたってのが去年あった。今回もウクライナ機の廻りを無人機が飛んでいた形跡がロシア軍の偵察衛星で確認されてる。(ジャップ土人猿には理解できないだろうが。)自国のメディアを信じる連中など海の向こうにはもういない。ゲーノー人の不倫で盛り上がれるジャップ猿の低能さは大事なコトは英文サイトを開けば次々出てくるにも関わらず努力もしない。独立した文字とコトバが世界を知る情報を捉えにくくなってるし、調教しやすい状況を作ってる(笑)

3:匿名 2020年1月30日 11:40 | 返信

次は在韓米軍撤退やどうやって弱腰批判交わして撤退するかあべとトランプは電話してもらう

2:匿名 2020年1月30日 09:11 | 返信

やっぱりトランプはアメリカ政府をコントロールできてない(役人軍人が言うことを聞かない)よな
日本でいう民主党政権下のような状況

1:匿名 2020年1月29日 21:09 | 返信

なんでもアメリカ・イスラエルのせいにすればデモも鎮静するかな?

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。