【やばい】小泉進次郎とCSIS(ジャパン・ハンドラーズ)の真実を諜報機関ガチ関係者が徹底解説! 進次郎環境相はアメリカの犬か…全暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
小泉進次郎とCSIS(ジャパン・ハンドラーズ)の真実を諜報機関ガチ関係者が解説! CIA下部組織の実態全暴露!の画像1
画像は「小泉進次郎Official site」より

 先月7日、自民党の小泉進次郎衆院議員(38)とフリーアナウンサーの滝川クリステル(41)が、安倍晋三首相に結婚することを報告。この時すでに滝川は妊娠していたため、小泉氏からは“育休宣言”が飛び出し、初入閣は見送りかと思われたが……。蓋を開けてみれば、9月11日の内閣改造で小泉氏は環境大臣に就任。

 サプライズ人事に国民のド肝が抜かれたが、一国民として気になるのは小泉氏の政治手腕である。そのヒントの1つとなりそうなのが、小泉氏の経歴だ。

「小泉進次郎Official site」の経歴・職歴を見てみると、2004年に関東学院大学を卒業後、2006年に米名門コロンビア大学大学院で政治学部修士号取得。同年6月からは「米国戦略国際問題研究所(CSIS)」の研究員を務めていた。

 CSISは通称ジャパン・ハンドラーズと呼ばれ、米中央情報局(CIA)の別働隊のような組織だとされている。日本人の優秀な若手政治家や若手閣僚の“教育機関”となっており、かつては小池百合子や前原誠司も在籍していた。CIAは安倍政権に影響力を行使し、日米関係をアメリカ主導で進めていると言われているが、実働部隊はCSISとされている。

CSISで英語で講演する小泉氏。

 小泉氏は完全にCSISのコントロール下にあると見られ、今年5月3日にもCSISで講演をしている。タイトルは「New Perspectives from Japan’s Rising Political Leaders(前途有望な日本の政治リーダーによる新しい展望)」である。CSISは小泉氏をかなり買っているようだ。

 もしかしたらCSISにとって、小泉氏が将来的に総理大臣になるのは既定路線なのかもしれない。だが、本当にCSISにそんな力があるのだろうか? そこでトカナ編集部は、某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いで、国際政治に詳しいジェームズ斎藤氏に聞いた。

コメント

4:匿名 2019年9月17日 14:35 | 返信

「外国の影響下にある人物が日本の指導者になり~」なんて今更な話
歴代で失脚しなかった総理大臣は皆そうだろ
リメンバーmomikesu中曽根

3:匿名 2019年9月16日 02:26 | 返信

日本は中露に占領などされない。その前に、経済的に弱体化させる。今、米が中国にやっている。
日本は古来から、マッカ-サ-=米国に教えられるまでもなく、民主主義的な国。ぺリ-来航時の老中、安倍正広や外交の林大学など優れた人物はまず民を第一に政治をした。ただ、カク持ちの ゴロツキに囲まれてるから憲法改正しないと!小泉氏は、総理の器にあらず。マスゴミの騒ぎは異常でどん引き。※米も日本の技術が支えてる事忘れないで。 

2:匿名 2019年9月15日 05:42 | 返信

獣(アメリカ)は東洋の植民地を失う
日本は放り出された挙句、中露に占領される運命かもな

1:匿名 2019年9月14日 15:23 | 返信

滝クリの件で,なんか冷めたね,この人に対しては

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。