小泉進次郎とCSIS(ジャパン・ハンドラーズ)の真実を諜報機関関係者が徹底解説! 進次郎環境相はアメリカの犬か…全暴露!

小泉進次郎とCSIS(ジャパン・ハンドラーズ)の真実を諜報機関ガチ関係者が徹底解説! 進次郎環境相はアメリカの犬か…全暴露!の画像1
画像は「小泉進次郎Official site」より

 先月7日、自民党の小泉進次郎衆院議員(38)とフリーアナウンサーの滝川クリステル(41)が、安倍晋三首相に結婚することを報告。この時すでに滝川は妊娠していたため、小泉氏からは“育休宣言”が飛び出し、初入閣は見送りかと思われたが……。蓋を開けてみれば、9月11日の内閣改造で小泉氏は環境大臣に就任。

 サプライズ人事に国民のド肝が抜かれたが、一国民として気になるのは小泉氏の政治手腕である。そのヒントの1つとなりそうなのが、小泉氏の経歴だ。

「小泉進次郎Official site」の経歴・職歴を見てみると、2004年に関東学院大学を卒業後、2006年に米名門コロンビア大学大学院で政治学部修士号取得。同年6月からは「米国戦略国際問題研究所(CSIS)」の研究員を務めていた。

 CSISは通称ジャパン・ハンドラーズと呼ばれ、米中央情報局(CIA)の別働隊のような組織だとされている。日本人の優秀な若手政治家や若手閣僚の“教育機関”となっており、かつては小池百合子や前原誠司も在籍していた。CIAは安倍政権に影響力を行使し、日米関係をアメリカ主導で進めていると言われているが、実働部隊はCSISとされている。

CSISで英語で講演する小泉氏。

 小泉氏は完全にCSISのコントロール下にあると見られ、今年5月3日にもCSISで講演をしている。タイトルは「New Perspectives from Japan’s Rising Political Leaders(前途有望な日本の政治リーダーによる新しい展望)」である。CSISは小泉氏をかなり買っているようだ。

 もしかしたらCSISにとって、小泉氏が将来的に総理大臣になるのは既定路線なのかもしれない。だが、本当にCSISにそんな力があるのだろうか? そこでトカナ編集部は、某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いで、国際政治に詳しいジェームズ斎藤氏に聞いた。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ