死刑囚の「最後の晩餐」6選! ジョン・ゲイシーは…2万9000キロカロリー分を食べた犯罪者も!?

 米国では死刑廃止が叫ばれつつも、まだ多くの州で死刑制度は存続している。そして、死刑囚の「最後の晩餐」も慣例として続いている。そこで米国の死刑囚たちの「最後の晩餐」を紹介しよう。

1.トーマス・J・グラッソ

死刑囚の「最後の晩餐」6選! ジョン・ゲイシーは…2万9000キロカロリー分を食べた犯罪者も!?の画像1
「Daily Star」の記事より

 グラッソは、1990年12月24日に、85歳の老女をクリスマスツリーのライトで絞殺し、6カ月後に再び別の老人を殺害。そのどちらかも少額のお金を盗んだ。

 そのグラッソの最後の晩餐へのリクエストだが、蒸したムール貝2ダース、蒸した貝2ダース(レモン付き)、バーガーキングのダブルチーズバーガー、半ダースのバーベキュースペアリブ、Lサイズのイチゴミルクセーキ2杯、ホイップクリームとイチゴを盛り付けたパンプキンパイという大量メニューであった。

 グラッソはまた、ミートボール入りの「スパゲッティO’s 」の缶詰を要求したが、手違いで普通に調理されたスパゲッティが供された。

 これにグラッソは怒り、彼の最後の言葉は「私が頼んだ缶詰スパゲッティでなく、普通のスパゲッティが来たことをマスコミに知ってもらいたい」というものだった。

2.ジョン・ウェイン・ゲイシー

死刑囚の「最後の晩餐」6選! ジョン・ゲイシーは…2万9000キロカロリー分を食べた犯罪者も!?の画像2
「Daily Star」の記事より

 この悪名高い「殺人ピエロ」は、少なくとも33人の10代の少年と若い男性をレイプ、拷問、殺害し、26人の犠牲者の遺体を自宅の床下に隠していた。

 ゲイシーは、1980年3月13日に、これらの殺害のうち12件で死刑を宣告された。彼は死刑囚として14年を刑務所で過ごし、1994年5月10日にイリノイ州の刑務所で致死注射によって処刑された。

 彼の最後の食事は、他の多くの死刑囚と同様、ケンタッキー・フライド・チキンのメニューだった。

 具体的には、エビフライ12個、バーレル入りのオリジナルチキン、フライドポテト、イチゴの山盛りであった。ちなみにゲイシーは一時、ケンタッキー・フライド・チキン店舗での店長経験があった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ