脚の骨を折って身長を伸ばす漫画『バキ』の治療法が実在した! 最大15cmUP、ただし苦痛は未知数…=米

 身長を本気で伸ばしたい大人に朗報(?)だ。米国のあるクリニックが行っている治療を受ければ、最大6インチ(およそ15センチ)身長を高くすることができるという。とはいえ、その内容は“荒行”と言っても差し支えないかもしれない。英「Mirror」(1月31日付)で報じた。

Men are spending thousands on ‘limb-lengthening surgery’ to add inches to their height (Mirror)

脚の骨を折って身長を伸ばす漫画『バキ』の治療法が実在した! 最大15cmUP、ただし苦痛は未知数…=米の画像1
画像は「Oddity Central」より引用

 米ラスベガスにある「The LimbplastX Institute」は現在、背を伸ばしたい世界中の人々の注目を集めている。このクリニックでは手足を最大6インチ(およそ15センチ)伸ばすという低侵襲性の治療を行っている。記事によれば、費用が7万5千ドル(約824万円)以上かかるというのに、すでに30人以上の男性がこの治療を受けたということだ。

 治療の説明は簡単だ。太腿か脛の骨を切断した上で、その内部に棒状のデバイスを埋め込んで固定する。手術時間は1時間半ほどで、X線画像を見ながら行うため、太腿か脛に小さな傷が4~6個付くだけだ。骨の中に埋め込まれたデバイスは外部操作で1日1ミリずつ伸ばすことができ、患者は毎日ゆっくり、少しずつ骨を伸ばしていくという仕組みである。

 人気マンガ『刃牙シリーズ』の登場人物ジャック・ハンマーが行った、足の骨を折って身長を伸ばすという“荒行”を思い出した方もいるだろう。この治療の原理はそれとほぼ変わらず、物理的に骨を伸長させることで身長を高くするというものだ。マンガでは激痛を伴う治療として描かれていたが、現実のこの治療がどの程度の痛みを伴うのかは不明だ。

人気連載
新型コロナの「国内パスポート案」が“愚策の極み”である決定的理由はコレだ!天才・亜留間次郎が徹底解説

新型コロナの「国内パスポート案」が“愚策の極み”である決定的理由はコレだ!天才・亜留間次郎が徹底解説

【薬理凶室の怪人で医師免許持ちの超天才・亜留間次郎の世界征服...

人気連載
アナタの怒りやすさがマジで当たる4択占い! 周囲が抱いている印象も判明、Love Me Doの指摘で自省を!

アナタの怒りやすさがマジで当たる4択占い! 周囲が抱いている印象も判明、Love Me Doの指摘で自省を!

■あなたの“怒り”と周囲の印象 「ある女の子が片付けをし...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ