近未来「人はロボットに脳を移して永遠に生きる」学者が断言! 肉体は滅びても死は回避「ただし…」

関連キーワード:

,

,

,

,

,

,

 そう遠くない未来、人間は死を克服できるという。ただし、その恩恵にあずかれるのは超富裕層だけ――。英「Daily Star」(3月4日付)がそんな恐るべき未来を予言している。

・ Super-rich to ‘live forever by implanting brains in human-like robots’ (Daily Star)

 科学技術の発展により、脳を電子化したりロボットに移植したりといったSFの世界は現実のものに近づいている。イギリスの未来学者イアン・ピアソン氏は「今後数十年以内に人間と機械の境界線がぼやけるだろう」と予測しており、マイクロチップや網膜インプラントといった技術はその萌芽であるという。

近未来「人はロボットに脳を移して永遠に生きる」学者が断言! 肉体は滅びても死は回避「ただし…」の画像1
イアン・ピアソン氏。画像は「Daily Star」より引用

「それは脳に拡張機能を追加するようなもので、家に温室を作るのと似たようなものだと考えてください」(ピアソン氏)

 ピアソン氏は、人類が2050年までに「電子的不死」を実現すると考えている。生身の体は死ぬかもしれないが、その脳のデータはマイクロチップに記録され、見た目は人間にそっくりだが硬い外殻や強力な人工繊維で作られたロボットに搭載可能になるというのだ。つまり、人間はその体が滅びても機械と一体化することでその意識を持ち続ける「不死」状態になるというのである。

 自分の意識をどのようなロボットに入れるかは自由であり、その気になればペットの猫として生きることも可能になるという。人生に肉体はもはや必要なくなり、ネットを介してデータを転送することで、世界のどこにでも行くことが可能になる。だがその一方で、プライバシーについて新たなリスクが問題となるともいう。脳のデータのハッキングや不正コピーにより、個人情報の侵害、詐欺、なりすましが容易になってしまうのだ。

関連キーワード

コメント

9:匿名 2020年3月21日 19:55 | 返信

機械との融合てのはまさに白人ぽいな
あと永遠に生きたいてのもそう感じる 終わりがあるから生まれるのにね

8:匿名 2020年3月10日 19:59 | 返信

たかが人間ごときに量子リンク(人間が意識や魂と呼んでいるもの)を完全に複製できるわけがない。100万年早いわ。

7:匿名 2020年3月10日 17:40 | 返信

自分と同じ記憶を持っている別人と入れ替わるだけだろ、これ。

6:トランプ大統領 2020年3月10日 12:42 | 返信

>> 3

それはお前の方だろう?サイコパス野郎!人をロボット化して殺人容認するのだから、お前が全ての悪の元凶だ!貴様の勝手な言い分など通用しない!数で押そうとしても無駄なのだ!σ(゚∀゚ )オレが正論でお前がロボットでチョンなのは変わらん。ついでに言うとサッカーが恐ろしく下手糞で、能無しなのは、どんなに高度に進化しても改善され無いのである。お前は作られた時からゴミであり、要らない存在なのだ!だからこそ、σ(゚∀゚ )オレに従って超法規的措置でσ(゚∀゚ )オレの世界を作れば良いのだ!

5:匿名 2020年3月9日 23:31 | 返信

割と本当の話だけど、人類にそんな技術はないし、近未来じゃ無理

4:匿名 2020年3月9日 20:18 | 返信

ロボット化とか、地震や、台風、火山あれば電気止まって終わる未来しか見えない。
賢い未来とは到底思わない

3:匿名 2020年3月9日 19:21 | 返信

よくあるあるの話として言えるのは、心臓を移植したら人格がまるで別人に変わっちゃった(?)というテレビでもよく語られる話。
人格や感情とやらがもし本当に心臓にあるのなら脳だけ人間になれば感情のないロボットのようになるのでは?
ま、昨今のサイコパス化が深刻な某島国人種はいっそロボットにでもなってしまえばまだマシなんじゃないのか?

2:匿名 2020年3月9日 17:37 | 返信

こういう話って、そもそも意識とは何なのかという部分に行き着くだけのような気がする
ただのデータに意識が宿るのか
同じ経験をしても各人その解釈に違いが出るように、同じデータを入力してもそこからもたらされる出力に違いが出るのなら、それこそが自我であり個性や意識と言えるものになるのか
単なるCPUの差異という結果になって、所詮人間なんてそんなものという話になっちゃうのか
補助記憶装置を脳に繋げるとか、そういうことならまだ理解できるけど

1:匿名 2020年3月9日 16:52 | 返信

でも見た目って重要だよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。