毎日たった1杯のビールでも「脳が老化」すると判明! 喫煙の老化レベルもやばい

 1杯くらいなら……と毎日飲酒している方は少なくないだろうが、その積み重ねはやがて脳を縮小させるダメージを与えるという。米・南カリフォルニア大学の最新研究が示した恐ろしい事実を、英「Daily Mail」(1月30日付)が報じている。

The more you drink, the older your BRAIN: Vital organ shrinks quicker in those who drink every day, study shows (Daily Mail)

毎日たった1杯のビールでも「脳が老化」すると判明! 喫煙の老化レベルもやばいの画像1
画像は「Getty Images」より引用


 過度の飲酒が健康に悪いことは言うまでもないが、アルコールは少量でも脳の老化につながるという。米・南カリフォルニア大学のアーサー・トーガ氏らは、英バイオバンクの脳スキャンデータと飲酒量の記録から、アルコールが脳に与える長期的な影響を考察している。

 45〜81歳の1万1千人以上の脳のMRI画像を比較したところ、毎日アルコールを摂取している人はそうでない人に比べて、相対的な脳年齢が高い傾向にあったという。この研究によれば、脳年齢は1日あたりのアルコール消費量1グラムにつき0.02歳(1日半)高くなるといい、相対的な脳年齢が高いほど脳の機能は低下するという。

 厚生労働省によれば、アルコール度数5%のビール・発泡酒250mlにおよそ10グラムのアルコールが含まれるという。最近人気のストロング系チュウハイの場合、500ml缶1本でアルコール量はなんと36グラムにもなるというから、「たった1杯」のつもりでもかなりの量のアルコールを摂取していることになる。

 ただ、この研究では興味深いことも判明している。相対的脳年齢は毎日飲酒している人で高くなっていたが、週に3〜4日飲酒している人ではそれほど高くなっていなかったのである。いわゆる「休肝日」は脳の老化予防にも有効ということになる。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ