【最新】バッタの大量発生、勢い増し「新たな大群」も確認される! アフリカでは猛毒の農薬ばら撒き…世界滅亡の恐れ

 新型コロナウイルスのパンデミックで欧米諸国が緊急事態に陥る中、アフリカから中東にかけて大問題となっているのがサバクトビバッタの大発生である。アフリカの角と呼ばれる地域では繁殖によって新たな群れが形成されつつあるといい、これから春、夏の作付けシーズンに向けて警戒が高まっている。イスラエルのニュースサイト「The Times of Israel」(3月16日付)が報じた。

Plague of locusts set to descend upon Middle East in time for Passover (The Times of Israel)

画像は「Getty Images」より引用

■アフリカの角でバッタ大発生中

 国連食糧農業機関(FAO)の最新発表によると、アフリカの角と呼ばれる東部のエチオピア、ソマリア、ケニアでは現在バッタの繁殖が急速に進んでおり、「新たな群れ」が形成され始めているという。一つの群れには数百万匹のバッタが含まれ、1日におよそ35000人分の食料と同じくらいの量の植物を食べつくしてしまう。

 現在、バッタの大発生はアフリカ東部、中東のサウジアラビア、イラン、そしてパキスタンまで広がっているが、今後春から夏にかけて被害はさらに拡大するとみられている。FAOの上級バッタ予報官キース・クレスマン氏によれば、「すべての侵入を発見し対応することは非常に難しい」といい、特に今年は新型コロナウイルスの流行に伴う移動制限によって適切な対策が取れない可能性もあるという。

画像は「FAO」より引用

 これらの地域で前回大規模な蝗害が起きたのは1986~89年で、およそ30年ぶりの大災害に、アフリカや中東では食糧危機の懸念が高まっている。

コメント

12:匿名 2020年3月21日 12:17 | 返信

日本にはバイクに乗り変身までしてしまう人型バッタが居るがやはりこのトビバッタにも対抗するにはイー!イー!叫びながら殺られても幾度となく闘いを挑んでいくよう血気盛んな軍団が必要だろう。
頑張れ中国、総統も見ているぞ!

11:聖帝 2020年3月20日 21:42 | 返信

9のアホはコウモリの食い過ぎで完全にお花畑だな!あんな独裁政治の国に土下座?イヤイヤ。お前らが土下座してるじゃねーか!中には反旗を翻すのもいるがそいつらのチン粕でもお飲みなさい。まぁ日本人が羨ましいから文句を言ってストレス発散したい気持ちは分からなくもないがな!それに、そんなにお国が自慢ならとっとと帰りなさい。馬鹿にしてる国になんでいるの?ん?は~~い!論破!

10:トランプ大統領 2020年3月20日 01:57 | 返信

175Rイナゴライダーというバンドがあるのだから、仮面ライダーはどう見てもバッタだよなぁ。
アメリカ軍の力によってバッタがコントロールされていると信じたいところだ!
それにしても、ずいぶん大きいバッタだな。駆除しようにも噛まれて怪我しそうだ。
こいつらがシナチョンを攻撃して、人間共々食い荒らしてくれれば、壊滅間違いなし!
国境封鎖して援助しないようにしてくれ!周辺諸国にも日本にも、そんな余裕など無い!
この混乱に乗じて戦争を仕掛けてやりたいくらいだ。
シナにいるσ(゚∀゚ )オレの支持者には悪いが、今の内に備蓄してもらって、シナ政府を打倒してもらいたい。出来る限り、アメリカは支援する!

9:匿名 2020年3月19日 17:27 | 返信

モノを知らない土人猿の願望だらけだな。アメリカ合衆国には媚びへつらい、中華人民共和国には呪いのコトバを投げつけ、現実はどちらの超大国の言いなり奴隷。金融ではアメリカ合衆国、産業食料は中国頼み、それをやった安倍晋三にまだ心酔するバカなネトウヨ猿。自業自得の没落、責任取るより自己中な連中の集まり、誰かのセイのして心安らかにしたい人生常に逃げ腰の土人猿国家。そのうち習主席に全国民が土下座しなければならない日が必ず来る。楽しみだなwww

8:匿名 2020年3月19日 15:53 | 返信

バッタで中国が崩壊して三国志みたいな事になったら楽しいだろうなぁ

7:匿名 2020年3月19日 15:30 | 返信

みんなでバッタを食べれば良くない?
大型捕獲装置作ってさ

6:匿名 2020年3月19日 14:33 | 返信

100%中国依存ってええ加減なこというなよ。

5:匿名 2020年3月19日 14:23 | 返信

何度滅亡すれば気が済むのか…(´・ω・`)

4:匿名 2020年3月19日 14:16 | 返信

200兆?んなわけあるかいwww

3:相(たすく) 2020年3月19日 13:06 | 返信

コロナウイルス対策も大事ですが、その先にサバクトビバッタの蝗害の危機があることをお忘れしないで下さい。
アフリカから始まり、今ではネパールにまで進行しています。
このままでは、二百兆匹にまで増えて、中国の農家に大打撃を与える恐れがあり、ヒマラヤの山地は越えられないという方がいるが、彼らは元々更に過酷な砂漠から遥々飛んで来た上、これから低い場所なら温かくなるから、侵入してくる可能性も高いです。
ケニアを初めとする、アフリカ諸国で、国連食糧農業機関が非常事態宣言する程だった。
もし中国で蝗害が起きれば、本国所か世界全体が食料危機になり日本も他人事じゃないはずです。
野菜特に、ネギ、ゴボウ、里芋が百%中国産に頼っています。
只でさえ肺炎で貿易が滞っているのに、そこに更なる痛手が起きたら、ひとたまりもないですし、今でも、中国の農家にツマジロクサヨトウと言う蛾の幼虫が、被害を広げてると聞きます。
そうならない内に、少しでも中国に頼らない、自給率をあげた方が良いのではならないでしょうか?
但し、中共は情報を偽る上、自然の猛威に弱い。
これから6月にかけて、二百兆匹にまで繁殖し、その頃なら標高の低い場所なら気温も、バッタも生きていられる位に温まる可能性があり、多くが死んでも乗り越える心配があります。
第一、サバクトビバッタの故郷の砂漠は、山地に負けず劣らず過酷な環境で、夜は雪山顔負けの寒さが押し寄せます。
ましてや温暖化による異常気象により、まるでこの時を待ち構えかの如く、このバッタは力を付けて来ました。
8年前の6月に、新疆で蝗害がありましたが、サバクトビバッタは遥かに数が多く、図体も大きく、有害で硬いので、食べるのも難しいでしょう。

2:匿名 2020年3月19日 11:39 | 返信

早く中華で暴れてくれや、コロナとバッタに蹂躙される様を観察したいんやw

1:匿名 2020年3月19日 11:29 | 返信

それにしても今年は世界滅亡ネタ多いな

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。