「5Gで20億人が死亡する」カナダ海軍大佐、「自宅で何百万人もの人々が殺される」元英海軍物理学者! 5Gの脅威を強い言葉で伝える!

 このような危険性を喚起しているのは、トゥロワー博士だけではない。「tapnewswire」によると、カナダの海軍大佐は、「携帯電話によって、20億人の死が予想される」と自著で述べているそうだ。実際、フランスとスペインの学校では、子どもが遊ぶ公園の中やその近くに送信機がある場合、子どものがんの集団発生が起きているという報告もある。

■携帯電話、そして5G

 トゥロワー博士は携帯電話、そして5Gについてこう語る。

 1965年には携帯電話は潜在的な需要が非常に大きいと目され、危険性を顧みずに開発された。その時、携帯電話を推進する人々は、携帯電話が使用可能になるべく、安全制限の基準を意図的に緩めたという。

 現在、携帯電話の安全性の定義には「6分間にわたる体組織の加熱」が依然として採用されている。しかし、これはマイクロ波から出る熱以外の要素は、すべて無視されたものである。携帯電話が発する電気的、および磁気的なものに対する人体の保護は、まったくされていないのが現実だ。

「5Gで20憶人が死亡する」カナダ海軍大佐、「自宅で何百万人もの人々が殺される」元英海軍物理学者! 5Gの脅威を強い言葉で伝える!の画像3
「Radiation Dangers」の記事より

 マイクロ波と5Gへの連続的な曝露によって引き起こされる、がん、生殖障害、神経学的損傷、先天性奇形という健康への悪影響は、1972年にはすでに知られていたと博士は言う。しかしWHOは、この情報を最高機密として隠すことを決定したというのだ。

 そして、ラジオインタビューで博士は、このようなことも語っている。

「アメリカ国民は科学的な知識がなく、携帯電話、iPod、その他の電子機器の利便性が大好きである(博士は、特にスマートフォンには中毒性、依存性があると考えている)。そして、それらを生産する企業は、利益を維持するためなら何でもやるだろう。政府は業界とその利益を保護し、訴訟から身を守るために嘘をついている」と厳しく非難している。

 5Gは今春から着々と日本でも開始されつつある。しかし欧米では5Gの安全性に懸念を持つ240人以上の科学者が、より強い曝露制限を求める「国際EMF科学者アピール」に署名していることは以前、トカナでもお伝えした通りだ

「マイクロ波は、携帯電話が出現する前には、人々に害を与える『武器』として使用されてきた」という歴史を果たして無視してよいものだろうか。

参考: 「Tap News」、「Radiation Dangers」、「Scientific American」、ほか

文=三橋ココ

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ