「5Gで20億人が死亡する」カナダ海軍大佐、「自宅で何百万人もの人々が殺される」元英海軍物理学者! 5Gの脅威を強い言葉で伝える!

「第二次世界大戦に存在した死の収容所は必要なくなった。5Gによって家にいながらにして何百万人もの人々が殺される」

 そう警告するイギリスの物理学者バリエ・トゥロワー博士は、マイクロ波兵器の専門家であり、電子戦のエキスパートでもある。彼は、人々にWi-Fiや他の人工のマイクロ波/無線周波放射の真の危険性を伝えている。

「5Gで20憶人が死亡する」カナダ海軍大佐、「自宅で何百万人もの人々が殺される」元英海軍物理学者! 5Gの脅威を強い言葉で伝える!の画像1
警告を発する元英海軍・バリエ・トゥロワー博士 「Faci-checking Mobile Phone Radiation」の記事より

■マイクロ波の危険性

 1960年代、トゥロワー博士は英国海軍に所属し、魚雷除去部隊やマイクロ波を使った戦争行為、またレーダー開発にも関わったという。博士はこうして、軍隊時代にマイクロ波分野で多くの専門知識を獲得した。

 冷戦時代にマイクロ波を武器として使用した有名な例は、モスクワのアメリカ大使館包囲作戦だったと博士は語る。モスクワでは、アメリカ大使館全体にマイクロ波を放射して、大使館員とその家族の多くにがんを発生させた事件は、軍事関係者の間でよく知られているという。

 そして博士は除隊後、携帯電話、iPod、コンピューターゲーム、電子レンジなどの一般的な電子システムに研究を拡大した。

「5Gで20憶人が死亡する」カナダ海軍大佐、「自宅で何百万人もの人々が殺される」元英海軍物理学者! 5Gの脅威を強い言葉で伝える!の画像2
「Radiation Dangers」の記事より

 博士は、マイクロ波を使用することで、先天性奇形や脳の機能に異常が起きる危険性については、1962年までにはすでに知られていたと話す。

 さらに博士は、私たちの身近に存在するWi-Fi、電子レンジに最も強く影響を受けるのは、妊娠中の女性や幼児であると指摘する。

 博士はまた、子どもの脳組織と骨髄は、大人とは異なる電気伝導特性を持っているため、子どものマイクロ波放射の吸収は大人の10倍になるのだという。そして、マイクロ波放射への低周波曝露であっても人体に重大な損傷を与え、流産、死産および先天性欠損症に現れる不可逆的なミトコンドリア(遺伝的)損傷を引き起こす可能性があると話す。

 マイクロ波からのパルスは、子どもの脳であれば、すべての領域に深く浸透してしまい、結果として重度の神経障害を起こし、それは死にもつながる。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ