障害児はジャングル置き去り、ワニの川に投げ込み、口に泥を詰めて殺害…! エチオピア部族の残酷すぎる伝統「ミンギ」の闇

「ミンギ」とは、エチオピア南部のオモ渓谷周辺に住む部族のカロ族、バナ族、ハマル族の伝統的な信念だ――。

■エチオピアの部族に伝わる「ミンギ」とは

 彼らは、身体的異常が彼らの部族に呪いをかけることを恐れ、身体に障がいのある乳児を「ミンギ(不純)」と呼び、殺してしまう。ジャングルに置き去りにしたり、ワニのいる川に投げ込んだり、口の中に土を入れて窒息させたり、首を絞めて殺したという。

 ミンギと宣言される子どもは、身体の障がいだけではなく、下の歯より先に上歯が生えた乳児、婚姻外出産、双子なども含まれるという。

障害児はジャングル置き去り、ワニの川に投げ込み、口に泥を詰めて殺害…! エチオピア部族の残酷すぎる伝統「ミンギ」の闇の画像1
ハマル族はエチオピア政府によって非合法化されているにも関わらず、今も「ミンギ」を行っている 「Daily Mail」の記事より

「カロ族、バナ族、ハマル族は、ミンギの子どもが殺されなければ、悪霊や呪いが、干ばつ、飢饉、病気など、コミュニティに不運をもたらすと信じている」と彼らと多くの時間を費やしたフランス人フォトグラファーのエリック・ラフォルグ氏は説明する。「ミンギと宣言されたということは、ほとんど、その子どもの死を意味します」とさらに続ける。

 残酷な慣行だが「カロ族はミンギをやめたが、バナ族とハマル族はまだ行っている」とラフォルグは付け加える。そして、それは違法だが、年長者が秘密裏に実行し、これまでに誰も逮捕されていないと語る。

障害児はジャングル置き去り、ワニの川に投げ込み、口に泥を詰めて殺害…! エチオピア部族の残酷すぎる伝統「ミンギ」の闇の画像2
ハマル族の双子。ほとんどの双子たちは「ミンギ」と宣言されて殺害されたが、彼らは幸運にも生き残った 「Daily Mail」の記事より

 カロ族のバルグダさん(45歳)に、子どもはいない。彼女の7人の息子と8人の娘は、ミンギだと決められ、村の長老たちによって全員、出産時に殺されたからだ。

「私には7人の男と8人の女の子どもがいた。部族の伝統は、非常に厳しかった。私は伝統を尊重しなかったので、彼らは私の子どもを殺しました」(バルグダさん)

障害児はジャングル置き去り、ワニの川に投げ込み、口に泥を詰めて殺害…! エチオピア部族の残酷すぎる伝統「ミンギ」の闇の画像3
カロ族のブコ・バルグダさんの15人の子どもたちは、カロの村の長老たちに「ミンギ」と宣言され、出生時に殺害された 「Daily Mail」の記事より

 バルグダさんは、長老たちが赤ん坊を連れ去る時、ただ立って見届けるしかなかったという。

人気連載
5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

5月25~31日「自粛が明けそうなアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! 電話、デマ、データ… Love Me Doが指南!

■2020年5月25日~31日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

豪雪地帯で継承されたエロすぎる「冬の娯楽」とは?古老激白、伝統的“SEX奇習”の実態

【日本奇習紀行シリーズ 豪雪地帯】  今年、首都圏では...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ