【5Gの危険】8人の子供たちが「謎の」原因で同時に癌に → 米小学校付近の携帯電波塔が閉鎖!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

学校付近にたつ電波塔。画像は「Daily Mail」より


 アメリカの小学校で8人の児童がほぼ同時にがんに罹るというにわかに信じがたい出来事が起こった。さらに、その原因として学校近くに立つ携帯電波塔が怪しまれているというから恐ろしい。

 英紙「Daily Mail」(4月4日付)によると、カリフォルニ州リポンにあるウェストン・エレメンタリー・スクールで10歳以下の児童がここ4年で次々と肝臓がん、悪性脳腫瘍、悪性リンパ腫を発症するという異常な事態が起こっているという。

 米がん協会によると、毎年10万人あたり約411人(0.41%)のカリフォルニア住民が、がんを発症しているというが、これは大人も含めた数字である。もちろん、10歳以下の子供よりも高齢者の方が発がん率は高い。

 国立がん研究センターが発表している日本のデータであるが、2009〜2011年の14歳以下の小児がんの罹患率は0.0123%(10万人あたり12.3人)であることからも、ウェストン・エレメンタリー・スクールの異常性が分かるだろう。ちなみにリポンの人口は1万5千人程度である。

 2016年に息子のメイソンくんが脳がんと診断されたモニカ・フェルーリさんは、「他の環境的要因も考えられるが、電波塔が安全でないと分かれば、そこにあってはいけないものだ」と、電波塔の影響があったのではないかと疑っている。

 これに対し、塔を所有している米・携帯電話会社「スプリント」は、電波の周波数レベルは、政府基準よりもはるかに低いと主張しており、フェルーリさんらの調査でも実際に基準以下であることは確認されているそうだ。

画像は「Daily Mail」より

 

 だが、フェルーリさんは、メイソンくんと同時期に腎臓がんを発症した同学校に通う児童を持つケリー・プライムさんとともに電波塔の取り壊しを求める訴訟を起こし、2年間の闘争の結果、スプリントは電波塔の移転を決定したという。フェルーリさんらの代理弁護人であるマーセリス・モリス氏は、「何千ページもの資料を読んだが、これほど心配になったことはない」と電波塔の有害性を指摘している。

人気連載

【閲覧注意】日本一鮮明な激ヤバ心霊写真を入手! “幽霊の指導者”とエクソシストが…

【閲覧注意】日本一鮮明な激ヤバ心霊写真を入手! “幽霊の指導者”とエクソシストが…

100%幽霊が出る心霊スポットとして現在TVやネットで話題沸騰中の俳優レッ...

2022.05.13 18:00異次元
矢沢永吉に「優しく2回叩かれた」カメラマンに奇跡が連発! 超人的パワーを物語る4つの事件とは!?

矢沢永吉に「優しく2回叩かれた」カメラマンに奇跡が連発! 超人的パワーを物語る4つの事件とは!?

――数々の伝説的芸能人と交流し、知られざる姿を目撃してきたカメラマン「YAHIM...

2022.05.08 09:00異次元
田原俊彦の舞台を“事故席”から鑑賞する不気味な男…! 旧知のカメラマンが最恐の心霊現象を暴露!

田原俊彦の舞台を“事故席”から鑑賞する不気味な男…! 旧知のカメラマンが最恐の心霊現象を暴露!

――数々の伝説的芸能人と交流し、知られざる姿を目撃してきたカメラマン「YAHIM...

2022.05.01 09:00異次元
“ウクライナ後”に待ち受ける「ブレイブニューワールド」とは!? 中露と隔絶した新たな世界秩序をジェームズ斉藤が解説

“ウクライナ後”に待ち受ける「ブレイブニューワールド」とは!? 中露と隔絶した新たな世界秩序をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.04.28 18:00海外
5月病を吹き飛ばす最先端波動アイテムを徹底取材! 自宅をパワースポット化で奇跡連発、原子を調整する若返りペンダント…!

5月病を吹き飛ばす最先端波動アイテムを徹底取材! 自宅をパワースポット化で奇跡連発、原子を調整する若返りペンダント…!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.05.20 15:00異次元

【5Gの危険】8人の子供たちが「謎の」原因で同時に癌に → 米小学校付近の携帯電波塔が閉鎖!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル