イスラエルでコウモリが謎の大量死!! 近くに5G基地局… 地元民も困惑、聖書の終末予言との見解も!

 イスラエルでコウモリの大量死が発生している。地元の保護団体も認める謎の事態は、異常気象が原因なのか、次世代通信規格5Gの影響か、それとも聖書預言が現実化しているのか——。英「Daily Star」(3月26日付)が報じた。

・ Bats mysteriously drop dead across Israel ‘fulfilling biblical prophecy’ (Daily Star)

 記事によると、コウモリの大量死が確認されたのは今月21日頃のことだという。イスラエルのラマト・ガンの公園で、突然空からコウモリが落ちてきたというのだ。地元に住むアディ・モスコウィッツさんは、公園内のあちこちで大量のコウモリの死骸を発見したといい、その写真を自身のFacebookアカウントに投稿した。同様の報告は近隣地区の複数の住民から上がっている。

イスラエルでコウモリが謎の大量死!!  近くに5G基地局… 地元民も困惑、聖書の終末予言との見解も!の画像1
画像は「Daily Star」より引用

 地元のコウモリ保護団体の創設者ノラ・リフシッツさんは、この事態について「非常に稀なことだ」と話す。考えられる原因としては気温の急激な低下があるというが、ただの推測に過ぎず、「今までに聞いたことがない現象」と認めている。

 数十匹のコウモリが一度に死ぬという異常事態に、現地ではその原因をめぐる議論が巻き起こっている。感染症ではないかという声もあるが、空を飛ぶ動物の大量死ということに5Gとの関連が指摘されている。トカナでも報じているが、世界には過去にも5Gの基地局の近くで鳥が大量死したという報告が複数あり、そのメカニズムは不明であるが、5Gの電波が生物に悪影響を与えて死に至らしめている可能性がある。記事によれば、この公園の近隣にも5Gの基地局が設置されているという。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ