5Gアンテナ周囲でミツバチが大量死する超ヤバい事態! 人体への影響を訴える研究多数、懸念広がる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7

 次世代通信規格「5G」の導入が目前に迫っている。2020年以降は日本を含め世界中で本格商用化される見通しだが、5Gの実用化が近づくにつれ、「待った!」の声も大きくなってきていることはトカナ読者ならばご存じだろう。

 今年5月にカナダで開催された医療シンポジウムでは、がん研究の世界的権威が、5Gにタバコと同レベルの発がん性があるとまで指摘している。

 そうした中、この度、5Gは環境にも甚大な被害をもたらす可能性が出てきた。

 英紙「Daily Star」(8月2日付)によると、5Gのポールアンテナの近くで、ハチが大量死している様子がアメリカで撮影され、米国民に衝撃が走っているという。同動画は先月15日にYouTube上にアップロードされ、5Gの危険性が再認識される形となった。

・「Hundreds of bees drop dead around ‘5G towers’ in California」(Daily Star)

 撮影場所はカリフォルニア州ロザンゼルス郡シエラ・マドレ。撮影者のフィリップ・サイトさんによると、40フィートほど離れた2本のポールの間でハチが何十匹も路上で息絶えていたという。

「5Gが人体に危険かどうかは分かっていませんが、これだけのハチを殺しているのですから、環境に悪影響があることは明らかです」(フィリップさん)

5Gアンテナ周囲でミツバチが大量死する超ヤバい事態! 人体への影響を訴える研究多数、全米で5Gの安全性に疑問符の画像1
5Gのポールアンテナと思しき構造物。画像は「YouTube」より引用

 フィリップさんによると、5Gのポールから離れたところではハチの死体は見当たらなかったというから、状況証拠からこのポールがハチを殺した可能性はあるだろう。

「映像を撮る前は、2つの5Gポールの間でハチが死んでいるとは思い至りませんでした。この場所には毎週行くのですが、その度に死んだハチが大量に地面に落ちていたのです。ただ、世界で多くの科学者や医者が5Gの危険性を訴えていること、人体や環境への影響が未知であることを知り、ハチが2つの5Gポールの間で死んでいることに気が付いたのです」

関連キーワード

コメント

7:匿名 2019年8月8日 11:13 | 返信

そりゃ技術革新で省人化のめどが立ち奴隷の必要性が薄れたから扱いも雑になるだろう

6:匿名 2019年8月7日 15:12 | 返信

なんか人類は新しい技術導入(実装)の仕方が雑になってないか?
きっと不具合出たら修正すればいいと思ってるのだろうけど。
スマホやPCのアプリやゲームじゃないんだよ?

5:ごもっとも。 2019年8月6日 13:39 | 返信

電磁波が物質に影響与えるのは当たり前。
社会に実装された時にどのような影響が出るのかは予測不可。
個人については何に影響を受けているのかが特定不可。

主張は恥じることなくしていい。
新しい言葉に対する反応として全然不思議じゃない。

4:匿名 2019年8月6日 12:04 | 返信

何にせよ大都市に暮らさない限りは安心…と思いきや日本では地方都市にもちょくちょく5G設置するのね

3:匿名 2019年8月6日 04:45 | 返信

5Gは人工知能の戦略だから。

2:匿名 2019年8月6日 03:18 | 返信

誤字程度なにも恐ろしくない。
それよりも戦争だ。明らかに戦争の足音が近づいてくる。やるのは中国、100%絶対に勝てない。
にも関わらず相変わらず平和ボケした市民、どんどん狂って行く世の中、聖書の予言と瓜二つ。聖書と似せたいあちらさんの意向があるにせよ、それにしてもだな、似すぎている。

1:匿名 2019年8月5日 19:01 | 返信

いや、危険だろうが危険でなかろうが全く検証されてない話取り上げて想像で書いてるだけだよね。
飲み屋の与太話にしかなってねえよ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。