5Gアンテナ周囲でミツバチが大量死する超ヤバい事態! 人体への影響を訴える研究多数、懸念広がる!

 次世代通信規格「5G」の導入が目前に迫っている。2020年以降は日本を含め世界中で本格商用化される見通しだが、5Gの実用化が近づくにつれ、「待った!」の声も大きくなってきていることはトカナ読者ならばご存じだろう。

 今年5月にカナダで開催された医療シンポジウムでは、がん研究の世界的権威が、5Gにタバコと同レベルの発がん性があるとまで指摘している。

 そうした中、この度、5Gは環境にも甚大な被害をもたらす可能性が出てきた。

 英紙「Daily Star」(8月2日付)によると、5Gのポールアンテナの近くで、ハチが大量死している様子がアメリカで撮影され、米国民に衝撃が走っているという。同動画は先月15日にYouTube上にアップロードされ、5Gの危険性が再認識される形となった。

・「Hundreds of bees drop dead around ‘5G towers’ in California」(Daily Star)

 撮影場所はカリフォルニア州ロザンゼルス郡シエラ・マドレ。撮影者のフィリップ・サイトさんによると、40フィートほど離れた2本のポールの間でハチが何十匹も路上で息絶えていたという。

「5Gが人体に危険かどうかは分かっていませんが、これだけのハチを殺しているのですから、環境に悪影響があることは明らかです」(フィリップさん)

5Gアンテナ周囲でミツバチが大量死する超ヤバい事態! 人体への影響を訴える研究多数、懸念広がる!の画像1
5Gのポールアンテナと思しき構造物。画像は「YouTube」より引用

 フィリップさんによると、5Gのポールから離れたところではハチの死体は見当たらなかったというから、状況証拠からこのポールがハチを殺した可能性はあるだろう。

「映像を撮る前は、2つの5Gポールの間でハチが死んでいるとは思い至りませんでした。この場所には毎週行くのですが、その度に死んだハチが大量に地面に落ちていたのです。ただ、世界で多くの科学者や医者が5Gの危険性を訴えていること、人体や環境への影響が未知であることを知り、ハチが2つの5Gポールの間で死んでいることに気が付いたのです」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ