【新型コロナ】1人で100人以上感染!「腸チフスのメアリー」元祖スーパー感染“人源”のエゲツない歴史とは?

画像は「Getty Images」より引用

 新型コロナウイルスの感染者数、発表以上に多い。感染者とカウントされるのは発症して医療施設で受診した者が大半で、感染していても症状が出ない不顕性(ふけんせい)感染者がいるからだ。

 この無症状感染者こそ、感染症問題で最も気をつけなければならないもののひとつだ。感染してから発症するまでの潜伏期間が危険なのは周知されているが、自己免疫が勝利して、症状が重く出ないまま回復した者もいる。インフルエンザなどでは「症状が消えてからも一定期間、出勤や登校しない方がいい」と言われるのはこのためだ。そして不顕性感染者は、そもそも感染しながら症状が出ないタイプの人で、無自覚にウイルスを撒き散らしてしまうスーパースプレッダー(感染力の強い感染者)化する最悪のケースを生む。

 実のところ、海外で強行的に都市封鎖しているのはそのリスクがあるためであり、多くはその時点での感染者数に左右されたものではない。日本では緊急事態宣言をした安倍晋三首相が、自粛要請にとどめた理由を「日本ではそこまでの状況ではない」と説明したが、「そこまでの状況」になるのが怖いから、多くの国で都市封鎖に踏みきったのである。

メアリー・マローン。画像は「Wikipedia」より引用

 英語圏では、その恐怖の実例「腸チフスのメアリー」が何度も持ち出されている。1900年から7年間、家政婦のメアリー・マローンが務めた先々で感染者が発生し、これを疑った衛生士らが強制的に拘束して検査したところ、彼女の便からチフス菌が検出された。しかし、当時は症状のない保菌者が認知されておらず、メアリーは3年後、居住地を明らかにすることなどの条件で解放されたが、それからさらに5年後、再び感染源となっていたことが発覚、ニューヨークの病院で偽名を使って働いていたことで感染を拡大させていたのだ。彼女自身は心臓発作で70歳で死亡するまで23年も病院に隔離されながら症状がないままだった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ