女がブラの中で卵を35日間温めて孵化に成功! 谷間の温もり&湿気がマジ最高、全世界称賛の「おっぱい孵卵器」!

 米カリフォルニア州バイセリアに住むベッツィ・ロスは、3人の幼い子どもがいる母親だ。

 ある日ベッツィは、家族と一緒に公園に行った。その時、彼女の子どもたちが誰かに壊されたアヒルの巣を見つけた。ほとんどの卵はつぶれていたが、1つの卵は、小さな亀裂があるだけだった。子どもたちは、それを持ち帰り孵化させるように、ベッツィに頼み込んだのだ――。

■アヒルの卵をブラの中で温め続ける

 ほとんどの人がそうであるように、ベッツィはこれまで、卵を自分の体で孵化させた経験などあるはずもなく、救えるとは思っていなかったという。しかし、わざとつぶされた巣と卵を見て、子どもたちは悲しみ、動揺していた。そこで、ベッツィは仕方なく「イエス」と答えたのである。

 その返事は3人の子どもを持つ若い母親が、35日間にもわたって、アヒルの卵を温め続ける、という驚くべき旅のはじまりだった。

女がブラの中で卵を35日間温めて孵化に成功! 谷間の温もり&湿気がマジ最高、全世界称賛の「おっぱい孵卵器」!の画像1
公園で拾われたアヒルの卵 「Bored Panda」の記事より

 子どもたちと家に戻ったベッツィは、地元の野生生物保護組織に電話をしたが、そこでは卵は受け入れられない、と言われてしまった。しかし、もし彼女が卵を孵化させれば、生まれたアヒルは受け入れてもらえることがわかった。

 そこで、ベッツィは自分で孵化する方法を見つけるしかなくなった。彼女が思いついた卵を温めるための最高の場所は、なんと彼女のブラの中だった。

 そしてオンラインでアヒルの卵を孵化する方法を調べると、卵の孵化には基本的に暖かさと湿気を必要とすることがわかった。また1日に数回は、卵を回転させる必要があるとも書いてあった。彼女はブラの中で卵を温めるという自分の考えが、間違っていないと確信を得た。

「私は卵を私のブラジャーの中に入れて、寝る時もそうしていました。卵は私の乳房の間にぴったり収まりました」と、ウェブメディア「Bored Panda」とのインタビューに答えた。

 ベッツィはどこに行くにも、卵と一緒だった。しかしシャワーを浴びる時だけは、彼女の夫が卵を預かってくれた、という。

女がブラの中で卵を35日間温めて孵化に成功! 谷間の温もり&湿気がマジ最高、全世界称賛の「おっぱい孵卵器」!の画像2
「Bored Panda」の記事より

 卵の中の胚が成長するのが見えてくると、ベッツィはインターネットでアヒルの子が孵化した後、何をすべきかを調べはじめた。その結果、孵化後は、さらに多くの湿度が必要となり、卵を回転させる必要がなくなることも知った。ベッツィはランプ、プラスチックの容器、プラスチックの袋、ボウルの水、そしてテープを用意し、孵化箱を自作した。

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

【日本奇習紀行シリーズ 中部地方】  日頃はあまり話題...

関連キーワード