【ボーガン4人死傷事件】過去にも自宅にパトカーが何度も来ていた!? キレるとやばく、格闘技にハマり…新証言入手!

【ボーガン4人死傷事件】過去にも自宅にパトカーが何度も来ていた!?  キレるとやばく、格闘技にハマり…新証言入手!の画像1


 兵庫県宝塚市の閑静な住宅街で起きた“ボーガン殺人事件”の詳細が徐々に漏れ伝わって来た。

 この痛ましい事件は、近所の住民から“近所の女性の耳に矢のようなモノが刺さっている”という1件の119番通報から始まった。

 この事件は、6月4日午前10時ごろに兵庫県宝塚市安倉西の住宅で、男女4人がボーガンで撃たれ、容疑者として、この家に住む野津英滉(ひであき)容疑者(23)が殺人未遂の現行犯で逮捕された残虐な事件だ。

 被害者は容疑者と全て血縁関係にあった。

 死亡したのは、野津英滉容疑者の母親のマユミさん(享年47)と祖母の好美さん(享年75)、弟の英志さん(享年22)だ。そのほかにボーガンで撃たれながらも現場から離れて、近所に助けを求めた伯母(49)は首に重傷を負いながらも無事だった。

 野津英滉容疑者は祖母と弟と暮らし、母親は別居していたという。

 この複雑な家庭環境にも何かしらの事件の裏が隠されているのか。

 この事件の背景には一体何があったのだろうか。

 事件の取材に当たった記者は次のように語った。

「まだ記者発表がそこまで行われていないので、詳しいことは分かっていませんが、野津英滉容疑者は何らかの理由で、家族に深い恨みを持っていたと思われます。そのために家族全員を皆殺しにしようとした非常に残虐な猟奇的殺人事件です。重傷を負いながらも難を逃れた伯母は小津英滉容疑者が3人に対する殺人事件を終えた後に電話で呼び出されています」(在阪紙記者)

 近所の聞き込みなどでは、“野津英滉容疑者は変わった様子は無かった”“普段は大人しく普通の学生だった”等の、ありきたりのインタビューがされているが、事件現場に入った前出の記者は野津英滉容疑者の違う一面の証言を取っていた。

【ボーガン4人死傷事件】過去にも自宅にパトカーが何度も来ていた!? キレるとやばく、格闘技にハマり…新証言入手!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで