【米抗議デモ】最終目標は警察解体! 極左勢力を支える「クリントン財団」の闇と謎のラッパー、CIA、軍産複合体…現役スパイが全陰謀を暴露

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤が斬る! 国際ニュース裏情報】

 新型コロナウイルスのパンデミック、反差別運動の激化、そして警察の廃止……激動するアメリカの政治と社会の裏側には一体何が隠されているのか? 某国諜報機関関係者のジェームズ斉藤が、トカナだけにその秘密を明かしてくれた——!

【米抗議デモ】最終目標は警察解体! 極左勢力を支える「クリントン財団」の闇と謎のラッパー、CIA、軍産複合体…現役スパイが全陰謀を暴露の画像1
警察前に築かれたバリケード。画像は「NY Post」より引用

──フロイド殺人事件の暴動のあとにアメリカでは警察廃止「Defund the police」という運動が起きてますが、アメリカ人は本気で警察をなくそうとしてるんですか?

ジェームズ斉藤(ジェームズ) 本気ですね。少なくともミネアポリスでは6月末の市議会で警察廃止が全会一致で賛成となりました。市長の承認を得ると11月に市民選挙にかけられます。

──正気ですか!? 警察をなくして、これからは自警団でやっていこうと本気で思っているんですか?

ジェームズ 各地でそういう動きがありますね。特に顕著なのがシアトルですね。シアトル市のド真ん中にキャピトル・ヒルという地区があるんですけど、公園とかも含んだ6区画をチャズ(キャピトルヒル自治区を自称)あるいはチョップ(キャピトル・ヒル組織的抗議)と名乗る組織が占拠して勝手に自治を始めています。シアトル警察もそのチャズの中には入れないんですね。

 占拠は6月1日から始まって当初はシアトル警察も退去させようとしていたんですけど、フロイドさんの問題で一番盛り上がっていた時期ですから、占拠してる側も対抗してました。そんな中で7日には抗議者同士で発砲事件が起きてます。

──そこには住民がいたりとか会社がある人とかいるんですよね?

ジェームズ います。彼らにとってはチャズなんか邪魔でしかないですよね。通りに勝手にブロックを置いて「ここは我々の自治区だ」とか言ってるんですから。ただし、このキャピトル・ヒルというのは伝統的極左の拠点なんですよ。昔、ウォールストリートで「オキュパイ・ウォールストリート」という運動があったんですけど、シアトルでも「オキュパイ・シアトル」という運動が起きて、占拠された場所がキャピトル・ヒルだったんです。ですから、そういう土壌はあるんですよ。今回、チャズの運動を率いているのがラズ・シモーネという人物です。

──ラッパーの人ですね。

【米抗議デモ】最終目標は警察解体! 極左勢力を支える「クリントン財団」の闇と謎のラッパー、CIA、軍産複合体…現役スパイが全陰謀を暴露の画像2
ラズ・シモーネ(中央)。画像は「NY Post」より引用

ジェームズ 彼はラッパーなんですけど、いくつも企業を経営してるんですね。不動産業なんかをやっていて、ドバイにも行って不動産取引なんかをしてます。石油ビジネスに絡んでいるんですね。あとはストリップクラブもやっていて、詐欺のようなことをばかりしていて、13件の訴訟問題も抱えているという胡散臭さです。なのに、シアトル市から事業助成金を900万円も貰ってるんですよ。それも去年。