「究極の臨死体験」6選に震えが止まらない! 死んだ兄、緑の庭、死の選択、宇宙… そこに共通点は!?

 死んでみないことにはわからない“死後の世界”だけに、生きている我々にはそこがどんな世界なのかわかるはずもない。しかし、そこに重要な手がかりをもたらしてくれる人々がいる。“臨死体験”を持つ人々だ。

■6人6様の“臨死体験”談

 アメリカ合衆国建国の父といわれるベンジャミン・フランクリンの有名な格言に「死と税金より確かなものはない」という言葉がある。どうにも先の見えない時代を生きる我々だが、税金を払うことと死ぬことからは絶対に逃れることができないのだ。

「究極の臨死体験」6選に震えが止まらない! 死んだ兄、緑の庭、死の選択、宇宙… そこに共通点は!?の画像1
「Mirror」の記事より

 誰しもが将来絶対に行くことになる“死後の世界”だが、そこがどんな様相を呈しているのかは“死んでみる”までわからない。しかし、死後の世界について重要なヒントをもたらしてくれる“臨死体験者”たちの体験談に触れる手段はある。

 巨大掲示板「Reddit」には“臨死体験”を活発にシェアするスレッドが存在し、最近になって6人の“臨死体験者”がその貴重な体験を証言しているのだ。

●読書に似ている

「究極の臨死体験」6選に震えが止まらない! 死んだ兄、緑の庭、死の選択、宇宙… そこに共通点は!?の画像2
「Mirror」の記事より

 5年前、monitormonkey氏は大掛かりな手術を受けたのだが、その手術中に数分の間「失血死」の状態になり心肺停止となった。

「私は宇宙空間のような場所で目覚めましたが、星の光はありませんでした。浮かんでいたというわけでもなく、ただそこにいました」

「暑くも寒くもなく、空腹でもなければ疲れてもいませんでした。実に平和でニュートラルな状態でした。近くに光と愛情があることはわかっていましたが、すぐにそこに行く必要はありませんでした」

「これまでの人生について振り返ったのを覚えていますが、それは映像のフラッシュバックのようなものではありませんでした。本のページを思いのままにめくって、あちこちを拾い読みしているようなものでした」

「それが何であれ、それはいくつかのことに対する私の考えを変えました。私はまだ死ぬことを恐れていますが、死後に起こることについては心配していません」

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ