「4コマ後に死ぬ作業員」が続出、死に様のオンパレード…労働災害防止漫画がヤバすぎる! 村田らむの激推しマンガ!

——村田らむが、メジャーからマイナー作品まで、色々な漫画を紹介!

 今回、メインで紹介する漫画は『4コママンガで安全管理と労働災害防止の基本がよくわかる本』(同文舘出版/横山誠)である。

「4コマ後に死ぬ作業員」が続出、死に様のオンパレード…労働災害防止漫画がヤバすぎる! 村田らむの激推しマンガ!の画像1
画像は「Amazon」より引用

「なんじゃそのマジメそうで、面白くない漫画のタイトルは?」

 と思っただろう。

 実際、とてもマジメな漫画である。

 単に楽しむために描かれた漫画ではなく、実際現場で危険を回避する勉強をするための漫画だ。大人のための学習漫画と言っても良いだろう。

 表紙には『建設、土木、製造業の現場監督・作業員必携!!』と書かれている。かなり狭い読者対象だ。僕は対象に含まれていない。しかし、そんなこととは関係なく、この漫画はかなり面白いのだ。

 疲れて元気がない時に、つい読んでしまう漫画なのである。

 どういう漫画なのか、やや遠回りしながら紹介しよう。

==

 “死亡フラグ”という言葉がある。

「こういう発言をしたら、死にがちだよね」

 というフラグ(伏線、パターン)である。わかりやすいところでは、

『戦場で「この戦争が終わったら、国に帰って結婚するんだ」と言いつつ、ロケットに入った許嫁の写真を主人公に見せる。』

 というのがある。

 こんなシーンが出てきたのに、ソイツが平気で戦場から戻って来たら、逆にビックリしてしまう。

 そこまで露骨ではなくても例えば『鋼の錬金術師』で、マース・ヒューズが家族愛をひけらかすのは死亡フラグだと言えるだろう。

 この死亡フラグは、死んだ時のショックをより高めるために使用されてる。

 東村山に一人で住む孤独なライターが死ぬより、嫁子供がいてみんなに愛されているライターが死ぬほうが、みんなショックに感じるだろう。

 逆に、すごい悪党っぷりを強調しておけば、そのキャラクターが死んだ時にスカッとする。そういうテクニックの1つだ。

 だから、本来はなるべくなら死亡フラグは隠したいところである。

「これ死亡フラグなんじゃねえの」

 って思ってしまったら、やはりどこか冷めてしまう。

『エリア88』では、終盤でメインキャラクター死ぬ時にあえて死亡フラグを立てずにいきなりサクッと殺して、逆に読者を驚かせた。

 ただ、死亡フラグがあからさまに見えていても、それはそれで読者は楽しむことができると思うのだ。

人気連載
新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

新郎との初夜の前、実父に“味見”される新婦!「娘は父親の所有物」歪んだ価値観が生んだ近親相姦の伝統とは!?=西日本

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  とかく、その当事者...

人気連載
日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

日本一詳しい「Qアノン」情報、某国諜報部員が暴露!Twitterとトランプ…SNSの陰謀全構図!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェー...

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ