20年以上ホームレスを取材、70以上のゴミ屋敷を清掃! 発禁&絶版の男・村田らむの全著作振り返りがヤバイ!

【村田らむ・新刊『ホームレス消滅』発売記念イベント開催!2020年6月11日(木)@新宿ネイキッドロフト ゲスト・トカナ角由紀子】

ホームレス消滅 (幻冬舎新書)


 というわけでいきなり宣伝で悪いのだが、2020年5月28日に、幻冬舎から『ホームレス消滅』という新著を発刊させていただいた。

 内容は、国が進める「ホームレス0計画」と、「誰の世話にもなりたくない!! ホームレス生活を続けたい!!」と言うホームレスたちの話を主軸に、僕が20年以上に渡ってホームレスを取材してきた生の声と、客観的なデータを盛り込んだ一冊になっている。

 初の新書なのだが290ページとかなりのボリュームになっている。お値段税抜900円と大変お買い得になっているので、興味のあるかたは是非購入していただきたい。

『ホームレス消滅』が何冊目の著作なのか、自分でもよく分からなくなっていたので調べてみたら、実に20冊目だった。

 今回は今までに出版してきた、全著作を振り返ってみることにする。今回は後編だ。

<前編はこちら>

(※ ゴーストライターとして制作に携わった作品など何冊かは紹介していない。また紙、電子、どちらの同人誌も紹介していない)

 

裏仕事師 儲けのからくり(2012年/三才)

 悪い人たちの話を紹介した本だ。

 はじめは普通の単行本にする予定だったのだが、結局ムックっぽい形に落ち着いた。

 ドクロが万札をくわえている、表紙のイラストも描かせてもらった。

 しばらく経った後、別の会社でこの本を元にした漫画連載もすることになった。

 Kindle版は今でも読むことができる。Kindle Unlimited(読み放題サービス)なので、気楽に読んでいただければ。

ホームレス大博覧会(2013年/鹿砦社)

 今は亡き雑誌『実話漫画ナックルズ』に連載していた、ホームレスインタビュー漫画に、書き下ろしを加えた作品になる。

 大半は漫画だ。編集者の長島さんと毎月、関東の色々な場所へ取材に行っていた。

 版元は、連載していたミリオン出版から鹿砦社に変わった。

 鹿砦社は『紙の爆弾』という雑誌で、長年に渡って漫画連載をさせてもらっているので、比較的簡単に企画は通った。

 かなり凝った作りにして、昔から作りたかった『ホームレストレーディングカード』も載せることができた。全部載っているからトレーディング(取引、交換)する必要はないのだが、まあそこは流して欲しい。

 この本は訴えられることもなく、重版がかかり、現在でもAmazonで購入することができる。Kindle Unlimitedでも読むことができるので、ぜひぜひ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ