時空を超えて「1935年の人類にメッセージを送り続ける」学者がアツい! ブラックホール活用し成功目前、先祖は気付いてくれるのか!?

「この人のアタマん中、どうなってんの?」と、戦慄が走るほどの奇才がいる。ジョー・デイヴィスは、まさにそんな男だ――。

■1935年の人々に向けてシグナルを発信し続ける男

 ジョー・デイヴィスはアートとサイエンスの融合「バイオアート」の草分けとして1980年代からクリエイティビティを縦横無尽に渡り歩いてきた。『宝島』に出てくる海賊ジョン・シルバーよろしく、一本足の義足でもって精力的に動き回わる彼はアーティストであり、哲学者、科学者でもあるが、まぁ、要は変人だ。

 デイヴィスがどれほどエキセントリックかは容易に想像がつくだろうが、現在彼が全精力を傾けているプロジェクトを知れば、マッド・サイエンティストの名に恥じないことがおわかりいただけると思う。

 彼は過去10年間、宇宙にメッセージを送り続けている。だが、まだ見ぬ高度な知性を持ったエイリアンを想定しているわけではない。なんと相手は我々、地球人。しかも1935年頃の人々に向けてシグナルを発信しているのだ!

時空を超えて「1935年の人類にメッセージを送り続ける」学者がアツい! ブラックホール活用し成功目前、先祖は気付いてくれるのか!?の画像1
「Mic」の記事より

 かつて、地球外生物とコンタクトを取るために膣の収縮運動を宇宙に送り出したこともあるデイヴィスだが、進行中の「スワンソング」計画は、パンデミックや自然災害、大量虐殺その他の「悲劇のリスト」を、最もシンプルなモールス信号に変換して地球から6000光年以上離れたブラックホール、はくちょう座X-1めがけて送り出している。

 この1時間に及ぶデータには、ホロコースト、エイズ、東日本大震災とそれに続く原発事故も含まれており、日付と死傷者数が克明に記されている。

 スワンソングを荒唐無稽と笑い飛ばすのは簡単だ。しかし、デイヴィスは大真面目に人類を不幸な史実から救おうと、時空を超えて過去の人々に警告を発しているのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ