【終戦の日】歴史は間違っている! 先に第二次世界大戦を始めたのはアメリカ! 真珠湾攻撃前からの「事実上の対日戦」の数々! 

■なぜ英米は日本の中国侵略を全力阻止しようとしたのか

 さて、以上をもって、日本は対米開戦を決意するわけだが、この戦争を語る時にいつも忘れ去られがちなのが、「なぜ英米はこうも中立性をかなぐり捨ててまで必死で中国を支え続けたのか?」という「なぜ?」の部分である。実は、これが大東亜戦争又はアジア太平洋戦争を語る上での、もっとも大局的な視点へと繋がっている。

 どうやら、英米支配層の目には、仮に日本が中国を征服してしまったら、モンゴル帝国の再来になりかねないと映っていたらしいのである。もはや日本がコントロール不能になるだけでなく、自分たち英米、もとい、白人の優位性そのものが覆される。

 戦後「日本はナチスドイツと並んで民族優越思想に基づいて世界征服を企んだ」などと吹聴されたが、実はこれが偏見であろうと何であろうと、彼らのだいたいの日本観だった。日本人からするとトンデモなくとも、あくまで彼らの目には、中国を侵略し併呑しようとする日本帝国が、最終的には世界征服を企んでいると映ったのだった。

 米英はそれを全力阻止しようとしたのだ。だから、彼らは蒋介石政権に対して「われわれが全力で支援するから絶対に日本に降伏するな」とねじ込んだ。また、蒋介石のほうも英米の強力な後ろ盾を得て自信を深め、最後まで徹底抗戦する決意を固めた。

蒋介石。画像は「Wikipedia」より引用

 この英米支配層の思考をよく理解していれば、ますますもって中国本土を侵略する行為が無謀であることが分かったはずだ。いや、石原莞爾や昭和天皇は理解していたので、満州領有で“打ち止め”するつもりだった。ところが日本は暴走していった。

 しかも、英米支配層は、日本が当然そのような戦略目的をもって全中国の征服に乗り出したのだと信じ込んだが、実際にはそれは陸軍内にある一つの考えであって、政府としての統一的意志ではなかった。なにしろ上海派遣軍が、松井大将の独断でそのまま南京攻略に向かい、それを政府が追認するという、行き当たりばったりぶりだった。

 中国を侵略するなら侵略するで、きっちり戦略も詰められなかった日本が最終的に敗北したのは当然といえよう。また、戦略上の劣位という自覚が足りず、アメリカに弱点を付け込まれることになったのも、結局は同じ思考上の欠陥に拠るものかもしれない。

 いずれにしても、日本は二度とこんな過ちは繰り返してはならない。

関連キーワード:, , ,

文=山田高明

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.03.19 16:30スピリチュアル

【終戦の日】歴史は間違っている! 先に第二次世界大戦を始めたのはアメリカ! 真珠湾攻撃前からの「事実上の対日戦」の数々! のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル