「8月21日朝5時16分、首都圏で巨大地震」断言の預言者に緊急インタビュー! 来年の東京五輪もない、富士山噴火は… 衝撃予言連発!

「8月21日朝5時16分、首都圏で巨大地震」断言の預言者に緊急インタビュー! 来年の東京五輪もない、富士山噴火は… 衝撃予言連発!の画像1
イメージ画像:「Getty Images」

「2020年8月21日5時16分、横浜と東京を大きな地震が襲う」

 スピリチュアルヒーラー・昭島レイラ氏の衝撃的預言が今、話題になっている。天からのメッセージを人々に伝えるとともに、ヒーラーとしても『an・an』(マガジンハウス)の特集で取り上げられたり、著書『幸運の扉を開く』(幻冬舎)を出版するなど長年の目覚ましい実績を誇るレイラ氏が、この7月7日から突然、YouTubeチャンネル「Rayla -レイラ- の都市伝説」を開設。その理由は、天からの大預言「2020年夏、日本を襲う史上最悪の大地震」を警告するためだという。大地震の発生日時をピンポイントで断言する動画は当然ながらネット上で大反響を呼び、編集部にも真相を探ってほしいという声が数多く届いていた。これが真実であれば、前代未聞の恐るべき事態である。

 このたびTOCANAは、レイラ氏に戦慄の預言について真相を問いただすべく緊急独占インタビューを敢行。前編では、8月21日に必ず巨大地震が起きること、さらにその運命はどうあがいても変えることができないという絶望的状況が明かされた。後編では、新型コロナウイルスや東京オリンピックなど、巨大地震発生後も我々を悩ませるであろうトピックについて、さらに身も凍るような預言が語られる。

※ 「8月21日5時16分、横浜・東京を巨大地震が襲う」詳細が明かされた前編はコチラ

■新型コロナ、東京五輪、富士山噴火…… 戦慄預言が次々と!

――そういえば、新型コロナウイルスについては、去年頃に預言されていたのでしょうか?

レイラ氏(以下、敬称略)  「2019年から3年続く大変な事態が日本を襲う」という預言を受け取っていました。

――延期が決まった東京オリンピックに関しては?

レイラ  神様は「開催されたとしても2年後になる」という預言を告げられています。

――富士山は噴火しますか?

レイラ  神様は「今年の噴火はない。直下型の地震もない。それは食い止めている」とおっしゃっています。ただ、神様によれば8月21日に起きる地震の被害が相当大きいとのことです。それ以外にも「梅雨が長かったが、再び水害も起きる」と心配されていました。

――この7月、九州や中部地方で豪雨による大規模な水害が起きましたが、また水害が起こるのですね。

レイラ  そうです。「(8月21日の)地震は震度5強ぐらい。首都直下型も食い止めている」と神様はおっしゃっていますが、プレートがずれる影響でさらに水害が起きるそうです。先日、ゲリラ豪雨と雷の影響で都内でも停電になりましたが、震災とさらに大規模な停電が続いたら恐ろしいと感じています。

「8月21日朝5時16分、首都圏で巨大地震」断言の預言者に緊急インタビュー! 来年の東京五輪もない、富士山噴火は… 衝撃予言連発!の画像2
レイラ氏(撮影:編集部)

――今回の地震で、人がたくさん亡くなるということはありますか?

レイラ  残念ながら、神様は「悲しみの雨が降る」とおっしゃっています。ただ、そこに関しては、皆さまが各自で気をつけることができる面もあります。たまたま地震のタイミングは旅行などで横浜や東京から離れる人たちもいるでしょう。つまり、信じる信じないに関係なく、その人が持っている運が影響することもあれば、知っていたからこそ被害を最小限に抑えられる場合もあるということです。

――コロナ禍もまだ続く現状、巨大地震まで来て首都機能が停止すれば、日本は破滅してしまいます。この国は今後、どうなってしまうのでしょうか?

レイラ  でも、日本はこれまで何度も災いを乗り越えて、再起しているのです。ただし、「(8月21日の)災害から10年間は、本当に大変だ」と神様は嘆いていらっしゃいます。また、「若者が地方に拡散するだろう」というお告げも届いています。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ