25年間小屋に閉じ込められた美女ブランシュ・モニエの悲惨な人生! 糞便、腐敗、大量ゴキブリに囲まれ「糞便愛好症」を発症し…

関連キーワード:

,

,

画像は「getty images」より

 ブラインドから漏れる明かりでかすかに照らされた薄暗く汚い部屋の中で、不潔なマットレスの上に横たわる“骸骨”。捜査官は、その人物の死を確信し、近づいていくが、顔を覗き込むと突如“死体”が目を覚まし、観客は悲鳴をあげる。これは映画『セブン』で最も凄惨なシーンの1つである。死体だと思われた人物は1年かけ計画的に衰弱させられ、廃人にされた被害者だったのだ。

 フィクションだからこそ演出できた最高のホラーと言いたいところだが、実はこれと同じ光景を20世紀フランスの警察官は目の当たりにしたのである。全世界に衝撃を与えた陰惨な事件をご紹介したい。

 その美貌で1870年代のパリ社交界を魅了したブランシュ・モニエという女性がいた。裕福で尊敬される保守的なブルジョワ家庭に生まれた貴族でもあるブランシュは、多くの求婚者を惹きつけたが、彼女の心を射止めたのは、とある年上の弁護士であった。2人は結婚を約束し合うまでの仲になっていたが、ブランシュの母ルイーズは、“文無し”の貧乏弁護士と娘が交際するのをよく思わず、別れさせようと躍起になっていたという。

 そうした中、25歳になったブランシュが失踪する事件が起こる。それまであらゆるパーティーに出席していた上流社会の花が突然姿を見せなくなったことに、人々は戸惑ったが、しばらくして母ルイーズと弟のマルセルはブランシュが亡くなったと発表した。この訃報に特に婚約者である男性は悲しみに暮れ、そのままブランシュの姿を目にすることなく1885年に亡くなってしまったという。

若き日のブランシュ・モニエ。画像は「Mysterious Universe」より

 時が経つに連れ、社交界もブランシュの存在を忘れていったが、ブランシュの死が発表されてから25年後の1901年に、パリ司法長官に宛てた匿名の手紙が届く。薄い文字で走り書きされた手紙を読み解くと、衝撃的な事件が告発されていたのだ。

「司法長官殿: 大変重大な事件が発生していることを知らせいたします。高齢の未婚女性がモニエ夫人の家に監禁されています。過去25年間、彼女は半ば飢え死にしそうな状態で、腐敗したゴミの上、つまり彼女自身の排泄物の中で暮らしています」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ