やはり郵便投票に不正か? 4日の郵便投票を3日付にするよう指示されたと郵便局職員暴露、投票日翌日に郵便投票を集める人々も

 新型コロナウイルスの影響で郵便投票が急増し、開票が遅れに遅れている米大統領選挙だが、選挙管理においていくつか不審な点も指摘されている。

■期限後に届いた郵便投票の日付を変えて有効票に

 バイデンが制した激戦州の1つ、ミシガン州もまた郵送による投票が急増した地域である。ミシガン州では郵送による投票は当日午後8時必着で、それ以降に届いた投票は、有効投票としてカウントされないことになっているという。

 しかしそこに内部告発を行う人物が現れた。ミシガン州トラバースシティの郵便局員を名乗る人物が、上司から11月4日に到着した投票用紙に11月3日のスタンプを押すように命じられたというのだ。

 保守派の活動家であるジェームズ・オキーフ氏が運営する調査報道機関「Project Veritas」のYouTubeにチャンネルに11月5日に投稿された動画では、トラバースシティの郵便局員によるショッキングな内部告発が語られている。


 投票期限後に到着した投票用紙は無効になるのだが、この郵便局員は4日に上司からの命令で期限後に届いた投票用紙をすべて集め、3日の消印を押して集計に回したというのである。

 投稿されるや再生回数はたちまち100万回を超えたこの動画であったが、郵政公社の広報担当はこの動画を認識していると言及している一方、地元警察は動画を認識しておらず、調査もしていないと述べている。

 動画を投稿したProjectVeritas側は当然この人物とその発言内容は本物であると主張しているが、ワシントンD.C.の“ファクトチェック”メディア「Politi Fact」は、そのような指令が実際にトラバースシティの郵便局員に与えられたかどうかは確認できず、また動画内の人物の身元を確認できないとしている。

 はたしてミシガン州で票の集計に“不正”が行われていたのか、今後の調査で何かが判明してくるとすれば事態は錯綜してくるだろう。

やはり郵便投票に不正か? 4日の郵便投票を3日付にするよう指示されたと郵便局職員暴露、投票日翌日に郵便投票を集める人々ものページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで