「大阪都構想否決」が残念すぎる理由とは? 東大教授がコッソリ教える〈“都”の自意識が灯る場所〉

「大阪都構想否決」が残念すぎる理由とは? 東大教授がコッソリ教える〈都の自意識が灯る場所〉の画像8
「キャロットタワー26階」からの眺め(写真提供・三浦俊彦)

 世田谷区のキャロットタワー26階の展望台もなかなか豪華でしたよ。120メートル。区営無料展望台の中では一番高いのでは。渋谷スクランブルスクエアとスカイツリーが隣接して同じ高さに見えるあたり、もろ渋谷の影響圏内ぶりが実感されますが、北側の新宿ビル群も、渋谷から世田谷区を奪い取らんばかりの存在感。面白いことに、ここでは新宿が完全に池袋を覆い隠しています。北への導線を池袋に妨げられたことの仇を討っているようにも見える。渋谷の勢力圏にあるここ三軒茶屋の視界から池袋を締め出すことでリベンジした気になるとは、新宿ともあろうものが大人げない限りですが。

 ……などというように、繁華街どうしを無為に戦わせるというか、擬人化妄想というか、些末な風情にほんのり浸る酩酊感にとらわれてしまいました。コロナ以前に比べて東京の風景が色彩豊かに、ちょっとした繁華街マニア気分というか。

 さてあと一つ、23区内には重要な無料展望台があるのでした。東京三大タワーの一つとも言われるらしい江戸川区のタワーホール船堀。展望台は103メートル。ここは他の区営展望台と一味違って、エレベーターガールがいるのでした。観光地態勢が調っているんだなあと思いきや……双眼鏡禁止。三脚、一脚も使用禁止です。渋谷スクランブルスクエアの屋外デッキ・スカイステージはカメラ・双眼鏡以外は持ち込み禁止ですから、その逆ですね。

「大阪都構想否決」が残念すぎる理由とは? 東大教授がコッソリ教える〈都の自意識が灯る場所〉の画像9
タワーホール船堀(写真提供・三浦俊彦)

 こうもきっぱり断られたうえ、多数の監視カメラに睨まれては、口径50mmのゴツい双眼鏡を取り出せずじまい。お台場にディズニーランド、羽田空港まで望める絶好の立地なのに、裸眼を凝らし続けるのは切なかったですよ……。まわりの団地やマンションは他区の展望台付近に比べて低層で、覗かれにくいと思われるのに、江戸川区の住民ってそんなに神経質なんでしょうか。それとも行政の人権意識が異様に高いのか……。いや、「望遠レンズ使用禁止」と書かれてないところからすると、覗きっぽい外見だけを禁じているわけで、やはりもっぱらクレーム対策なのでしょう。

 特別区ごとの自意識度みたいなものをこうしてゆるーく感じていると[2]、大阪都構想が見送られたのは返す返すも残念な気がしてきます。現在のぼんやりした24行政区の代わりに、独立性の高い4区(淀川区、北区、中央区、天王寺区)ができていたら……。母体が四つとなると比較がシビアだから、区民アイデンティティの高まりは半端じゃなさそう。ブランド力を競い合って、大阪はとんでもない都会へ進化するのではないか。今や梅田駅周辺の都会感は、東京の副都心のどれをも寄せつけぬレベルへ洗練されつつありますが[3]、大阪都構想が実現していれば、4区すべてに東京駅周辺をしのぐ超都会的な「区心」が生まれる日もそう遠くなかったでしょう。


[2] 他にも、スカイツリーが1kmの近距離に見える墨田区役所の各階エレベーターホール、丘の上に池上本門寺と隣接する大田区池上会館の屋上庭園など、個性的な区営展望スペースはいくつもある。
[3] 梅田と新宿の高層ビル群を比較するマニアは多く、数値集計結果は梅田に軍配を上げている。ただし、梅田が真の日本一になるには、丸の内一帯の高層ビル街に勝たなければならない。https://www.youtube.com/watch?v=ujh5mcZvlDk ちなみに、150m以上のビルの世界ランキングでは、都市別で東京は5位、国別で日本は3位である。https://www.youtube.com/watch?v=ss-_1rkZUns

文=三浦俊彦

◆三浦俊彦(みうら・としひこ)
1959年生まれ。東京大学総合文化研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学文学部教授。専門は、美学・分析哲学。和洋女子大学名誉教授。著書に『バートランド・ラッセル 反核の論理学者:私は如何にして水爆を愛するのをやめたか』 (学芸みらい社、2019年)、『エンドレスエイトの驚愕: ハルヒ@人間原理を考える』(春秋社、2018年)、『改訂版 可能世界の哲学――「存在」と「自己」を考える』(二見文庫、2017年)など。

三浦俊彦の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

なんてシュールな内容だ!『ゴジラ』の20年前の特撮映画がヤバすぎる!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男が、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り...

2022.01.11 10:00ART
「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

「世の中にこんな映画があったのか!」過激すぎるポルノ時代劇! 女郎の仕込み、膣呼吸、全裸処刑…『忘八武士道 さ無頼』

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・レトリバーが、ツッコミどころ満載の封印映画...

2022.01.04 16:00ART
女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

女子高生ら3人を執拗に暴行&射殺… あの有名未解決事件の謎を解く”いわくつきのレシート”を元コンビニ店員が徹底解説

※ 前編はコチラ!  元コンビニバイトの筆者は、まずこのレシートの内容を見た...

2022.01.03 18:00日本
12星座別「2022年の金運」を大公開! あまりに衝撃的な結果に… 当たる星占い!

12星座別「2022年の金運」を大公開! あまりに衝撃的な結果に… 当たる星占い!

コロナ禍で一気に冷え込んだ日本経済。財布の紐はこれ以上ないほど固くなり、庶民は日...

2022.01.03 12:00異次元
神様に直接うかがって製品開発する大金持ちの「マロさん」の正体とは?運気が上がりすぎる波動商品も

神様に直接うかがって製品開発する大金持ちの「マロさん」の正体とは?運気が上がりすぎる波動商品も

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2021.12.20 12:00異次元

「大阪都構想否決」が残念すぎる理由とは? 東大教授がコッソリ教える〈“都”の自意識が灯る場所〉のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル