ZOOM会議普及で新たな病「ズーム異形症」患者が爆増中!! 自らの容姿に絶望、美容整形に駆け込み… “どんどん老ける負のループ”とは!?

 Zoomはもはや、在宅勤務に欠かせないツールだ。同僚の散らかった部屋の様子、突如現れる家族やペット、凝ったバーチャル背景などなど、オフィスではうかがい知れない“あの人の意外な一面”が楽しい。だが、ある種の人々にとっては、楽しんでばかりもいられないらしい。どうしても気になるのだという、モニターに映し出された己の顔が――。

■Zoom会議の普及で生まれた“ズーム異形症”とは?

 米マサチューセッツ総合病院皮膚科チームの研究発表によると、コロナ禍になって以来、整形手術を希望する人が急増しているという。どうやら、Zoomでミーティングをするようになってから、嫌でも自分の顔をガン見する機会が増えてしまい、ルックスに対する不満が募った結果、「この際だから」と美容外科のドアを叩くようになったという見方だ。

「これは、ズーム異形症(Zoom Dysmorphia)と呼ばれる新しい現象です。患者たちは手術についてさほど熟考せず、とにかく早く整形してほしいと医師をせかしさえします」(論文筆頭著者であるマサチューセッツ総合病院皮膚科医アリアンヌ・シャディ・コローシュ博士)

ZOOM会議普及で新たな病「ズーム異形症」患者が爆増中!! 自らの容姿に絶望、美容整形に駆け込み… どんどん老ける負のループとは!?の画像1
「Daily Mail」の記事より

 しかし、なぜZoomが自分の顔面偏差値への意識を刺激するのだろうか。

「ウェブカメラは、顔の映り具合を歪める可能性があります」と、シャディ・コローシュ博士は指摘する。

 ある研究では、30センチ離れた場所から撮影した肖像画は、152センチ離れた場所から撮影したものと比較すると、鼻の大きさが30パーセントも増大することが実証されている。ウェブカメラは必然的に短い焦点距離で撮影されるため、実物より丸く広い顔、広い鼻に映し出す傾向にあるのだ。そのため、Zoom利用中に、イケてない自分に絶望する人が現れても不思議はないだろう。

 また、画面に映るシワを気にするあまり、「他人から老けて見られるのでは」と気に病み、さらに本当に老け込んでしまったと思い込み、自己卑下の悪循環へとつながっていくケースも見られる。ちなみに、現在もっとも多い注文が鼻とシワのお直しだそうだ。そして、自粛中にググられた言葉には、にきび、脱毛、シワの治療法など、身体についての検索が増えているという。

ZOOM会議普及で新たな病「ズーム異形症」患者が爆増中!! 自らの容姿に絶望、美容整形に駆け込み… “どんどん老ける負のループ”とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで