ビッグ・ファーマが続々「サイケデリックス医療」参入へ! MDMAやキノコの規制緩和、日本は完全に周回遅れ!

 がんゲノム医療や重粒子線治療などの先進医療が注目されているが、次に脚光を浴びる医療分野は何であるのか。米「WIRED」をはじめとする複数の海外メディアによると、それは幻覚剤を用いた治療法である“サイケデリックス医療”であるという。

■規制緩和が進む“サイケデリックス医療”に投資家が注目

 いわゆる“医療大麻”はアメリカの多くの州で合法化されているが、医療の世界に次に登場するのが幻覚剤一般、つまりサイケデリックスであるといわれている。今年2021年はサイケデリックスが精神医療の分野に半ば強引に適応される転換点であるともいわれているのだ。

 最近になってヨーロッパとアメリカの両方で、医薬品規制当局は心的外傷後ストレス障害(PTSD)の治療にMDMAを使用すること、およびうつ病を治療するためにマジックマッシュルームの活性物質であるシロシビンを使用することの制限を緩和した。医学におけるサイケデリックスの使用に対する支持が勢いを増し続けているため、2021年には一連の新しい臨床試験がもたらされることが確実視されている。

 米誌「Wired」(オンライン版)の記事によれば、サイケデリックス医療の臨床研究は過去5年間で活況を呈しており、投資家たちも注目しているという。アメリカのサイケデリックス医療研究のための学際的協会「MAPS」は、過去の資金8000万ドル(約83億円)に加えて、2020年に3000万ドル(約31億円)の資金調達目標を達成した。この資金により、合成麻薬「MDMA」を使用してPTSDを治療するために複数の医療機関で行われる第3相試験(フェーズ3)の完了が可能になったのだ。

ビッグ・ファーマが続々「サイケデリックス医療」参入へ! MDMAやキノコの規制緩和、日本は完全に周回遅れ!の画像1
「Wired」の記事より

 第3相試験はFDA(米食品医薬品局)の承認を得るのに必要で、イギリスではロンドンを拠点とするメンタルヘルスケア企業「COMPASS Pathways」がその取り組みに資金を提供し、うつ病のシロシビン治療薬を市場に投入するために1億1500万ドル(約120億万円)以上を調達した。昨年8月に同社はナスダックでIPO(新規未公開株)を発行するための申請を提出している。

ビッグ・ファーマが続々「サイケデリックス医療」参入へ! MDMAやキノコの規制緩和、日本は完全に周回遅れ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル