幻覚キノコの成分はイースト菌から作れると判明! ドラッグがパン1個の値段に!?

 精神的に“トリップ”できる各種の麻薬やドラッグには共通する特徴がある。それは非常に高価であることだ。だが最新の研究では、幻覚剤がなんとパンを焼くような低コストで作れる可能性が報告されている。

■酵母から安価に幻覚剤が作れる

 マジックマッシュルームなどに含まれているシロシビン(psilocybin)とシロシン(psilocin)は幻覚作用を有する危険な薬物として日本をはじめ多くの国で規制されている。

 しかしこうした幻覚剤は昨今の先進医療において、うつ病などの精神疾患を効果的に緩和するオルタナティブな治療法として注目を集めている背景もある。だがそのネックになっているのが価格だ。

幻覚キノコの成分はイースト菌から作れると判明! ドラッグがパン1個の値段に!?の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 デンマーク工科大学の研究機関「DTU Biosustain」の元ポスドクで製薬会社「Octarine Bio」の共同創設者であるニック・ミルン氏によれば、マジックマッシュルームからシロシビンを抽出することは技術的に困難で現実的ではなく、もし行うとすれば出発基質などに法外なコストがかかるという。したがってシロシビンなどを精神医療に活用するには、生産コストを下げ、より一貫したサプライチェーンを構築する必要があるということだ。

幻覚キノコの成分はイースト菌から作れると判明! ドラッグがパン1個の値段に!?の画像2
「Mysterious Universe」の記事より

 シロシビンのバイオ技術ベースの生産は大きな関心を集めており、研究者はすでに大腸菌を使っての小規模生産を実証している。しかし、バクテリアを使った生産では副産物で有害な化学物質が生成するリスクが伴う。そこでミルン氏らが注目したのが酵母(イースト)である。なんとパンを作るような手軽さで、サイケデリックスと呼ばれる幻覚剤が作れてしまうのである。

幻覚キノコの成分はイースト菌から作れると判明! ドラッグがパン1個の値段に!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで