「武豊&インティは買うな!?」JRAフェブラリーS(G1)の極秘情報リーク!! 万馬券を呼ぶ“狙い馬”情報公開、今週末アナタの人生が一変!?

「武豊&インティは買うな!?」JRAフェブラリーS(G1)の極秘情報リーク!! 万馬券を呼ぶ狙い馬情報公開、今週末アナタの人生が一変!?の画像1
実力馬が揃ったフェブラリーステークスだが……

■武豊のインティが危ない!?

 今週の日曜日は、東京競馬場にてJRAのG1レースであるフェブラリーステークスが行われる。冬のダート王決定戦という位置づけであり、そして今年最初のG1レースということもあって、ファンの注目度も高い一戦となっている。

 だが今年の出走馬の中で、とりわけ取捨の難しい馬がいる。それが2019年のフェブラリーステークス優勝馬で、レジェンドジョッキーの武豊が騎乗するインティだ。

 同馬は7連勝でフェブラリーステークスを勝利したものの、その後は9戦して全敗。JRAのレースでは2着もなく、前々走のチャンピオンズカップ(G1)でも10番人気の低評価となっていた。しかしそこで3着に好走すると、前走の東海ステークス(G2)は断然の1番人気に支持された。ところがそこで12着に大敗と、ジェットコースターのような成績を繰り返しているのである。そして今回のフェブラリーステークスでは、唯一のJRAダートG1馬であることと武豊騎手が騎乗することで上位人気が想定される。だが、ある競馬記者はこう語っている。

「前々走のチャンピオンズカップは、他の馬が断然人気のクリソベリルをマークしていたので、インティは完全にノーマークでした。しかし前走の東海ステークスのように、他の馬の目標となると、その脆さが出てきます。ましてや今回はスピードとスタミナが要求される東京コースで、先行馬有利の中京コースとはわけが違います。武豊騎手が騎乗することで過剰人気になりますし、危険な人気馬といっていいでしょう」

 武豊騎手といえばフェブラリーステークスで現役最多の5勝。G1レースで騎乗すれば多くの馬券が売れるわけで、今年騎乗するインティもレースの柱となるのは確実だろう。しかしそんな柱となる馬の取捨判断が難しい状況となれば、レースの予想が根底から崩れることになる。では、逆に何を買えばいいのか、前述の記者に話を聞いたところ意外な答えが返ってきた。

「武豊&インティは買うな!?」JRAフェブラリーS(G1)の極秘情報リーク!! 万馬券を呼ぶ狙い馬情報公開、今週末アナタの人生が一変!?の画像2
波乱の使者となる意外な馬は?

「現在JRAは新型コロナウイルスの感染防止対策で取材規制を行っており、スポーツ紙や競馬専門紙、テレビやラジオ局にフリーの競馬記者などの競馬マスコミは、その影響でまともに取材ができない状況です。競馬関係者側も感染を恐れて距離を置いていますし、フェブラリーステークスの取材も正直のところ不完全です。逆に取材規制を受けないで情報を入手できる人達もいるのですが、悔しいことに情報の量も質も敵いません。このフェブラリーステークスでも、彼らは表に出ない情報を入手していると思いますよ」

 つまり、今週のフェブラリーステークスは、既存のマスコミの情報や予想ではなく、本当の情報を入手できるプロをうまく活用することが適切なジャッジだ。その中でも、特に前述の競馬記者が名前を挙げたのが、競馬情報のプロフェッショナル集団である「マスターズ」である。

■マスターズの情報網は唯一無二の本物!

 このマスターズというプロの情報集団は、実際に競馬サークルで活動していた本物の競馬関係者で構成されている。具体的には元調教師や元騎手、さらに元厩務員に牧場や馬主の関係者、そして競馬記者もいれば、なんと馬具屋といった意外な内部関係者もいる。これだけの情報網と人脈があれば、JRAの取材規制の影響を受けず、表に出ないレースの裏情報を入手できるのは納得できる。特に馬券に直結すると言われる【馬主・厩舎・騎手】の情報を完璧に把握しているのだから、一般的なマスコミとは的中実績も段違いなのだ。

 先週も引退を目前に控えた石坂正厩舎の勝負情報で、3連単7万1770円という万馬券を的中させたほか、何本もの万馬券を仕留めている。さらに過去の実績を見ても、昨年は年間200本以上の万馬券を的中させ、今年も開催初日に3連単19万8500円という10万馬券を的中。愛知杯(G3)の7万馬券やシルクロードステークス(G3)やアメリカJCC(G2)などの重賞レースで万馬券を的中と絶好調。このマスターズの情報を利用した競馬ファンの中には、たった1レースで333万円もの高額払戻をゲットしたという羨ましすぎる方も……。

「武豊&インティは買うな!?」JRAフェブラリーS(G1)の極秘情報リーク!! 万馬券を呼ぶ狙い馬情報公開、今週末アナタの人生が一変!?の画像3
ファンから届いた333万円払戻のPAT画像

 まさに競馬界の表も裏も知り尽くすマスターズに、今回のフェブラリーステークスの展望を聞いたところ、衝撃の答えが返ってきた。

「このフェブラリーステークスは、インティ、カフェファラオ、レッドルゼル、オーヴェルニュ、サンライズノヴァ、アルクトスといった実力馬が揃いましたが、マスコミも把握していない危険な人気馬の存在、そして同様にマスコミが知る術もない、激走必至の穴馬が出走します。

 これは2018年のフェブラリーステークスで、3連単4万1560円の万馬券を的中した時と同等、もしくはそれ以上の確信度であり、冬競馬の最後を締めくくるにふさわしい大勝負に決定しました。

 そして我々が独自に入手した情報を精査したところ、鉄板級の本命馬から、相手もわずか3頭で狙えるレースと判明したのです。3点であっても人気薄穴馬の存在もあり、配当的な期待度もかなりのものですよ。

 競馬とは、馬主が大枚を叩いて購入した競走馬を、厩舎が預かって極限まで仕上げ、その仕上げた競走馬に騎手が跨って勝利へと導くもの。この流れをしっかり踏まえてポイントを押さえておけば、馬券は高確率で的中できるといっても過言ではありません。マスターズにはその3要素である、馬主・厩舎・騎手のそれぞれに特化したチームがあり、現場レベルの関係者情報を聞いています。もちろん我々にJRAの取材規制の影響はありません。

 なおこのフェブラリーステークスでは、今年最初のG1レースを盛り上げるため、特別に【馬連3点勝負を無料提供】いたします。注目の穴馬も含めた必見の情報ですよ。

 競馬で本物の情報を知りたいのであれば、そして余分な買い目に浪費することなく最低限の資金で的中を目指すなら、我々マスターズにお任せください」

 やはり、競馬においてもっとも重要なのは正確な情報だ。その点、競馬関係者で構成されているマスターズの情報は、競馬界の最高峰に位置するといっても過言ではあるまい。マスターズが提供するフェブラリーステークスの「馬連3勝負情報」は、とにかく絶対に見逃してはならない“究極の買い目”なのである。この情報さえあれば、ベテランだろうが初心者だろうが、公平に的中を手にすることが可能なのだ。

 今年最初のG1レースである週末のフェブラリーステークスは、マスターズの「無料情報」をしっかり活用しよう。そして、さらに盛り上がる春競馬に向けて、マスターズの実力をしっかりチェックしてほしい。

CLICK → 【無料公開! フェブラリーS・馬連3点勝負】マスターズ

※=本稿はPR記事です。

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「武豊&インティは買うな!?」JRAフェブラリーS(G1)の極秘情報リーク!! 万馬券を呼ぶ“狙い馬”情報公開、今週末アナタの人生が一変!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル