「信者の顔の上で放屁」して癒しを与える牧師出現!「聖書が警告していた人類滅亡の兆候だ」聖職者たちが顔面騎乗屁にブチギレ!

関連キーワード:

,

,

 神の力はお尻から出る!? 南アフリカの牧師の牧師が、信徒の顔に放屁して「癒し」を与えていると話題になっている。英「Daily Star」(3月31日付)が報じた。

Pastor says he farts on the heads of worshippers to ‘demonstrate God’s power’ (Daily Star)

画像は「Daily Star」より引用


 横たわった人の頭に座り、顔のすぐそばでおならをする——。そんな信じがたい光景が繰り広げられているのは、南アフリカ・リンポポ州シヤンダニ村のセブンフォールド聖霊教会である。キリスト・ペネロペ牧師は、信徒が裕福になるよう運命を好転させるため、その顔に座って放屁しているという。

 ペネロペ牧師は放屁が「神の力の証明」であるといい、「神がアダムを眠らせて、その体をいじったのと同様のこと」だと主張する。これは『創世記』中の、神がアダムを眠らせてあばら骨を抜き取り、イヴを作ったという記述を指していると思われる。さらに、ペネロペ牧師のおならは人々に「癒しの力」を与えるので、それを体の中に入れるためには鼻の近くで放屁することが重要だと述べている。

「深い眠りから覚めた人々は『何も感じなかった』と言います。それは神の力であることを示しており、癒しを必要とする人にはそれが訪れるでしょう」(ペネロペ牧師)

画像は「Times Now News」より引用

 当然というべきか、この行いは他地区の牧師らから強く非難されている。ジェイコブ・シビヤ牧師が「こんなことは間違っています。神は人々の上に座ると癒されるなどとは言っていません」と批判している他、ミソ・マブンダ司教に至っては「これこそまさに聖書が我々に警告していた行為です。世界の終わりには私たちに衝撃を与える行いをする人が現れるとあります」と、まるで世界終焉の予兆であるかのような言いようだ。

 信じがたいことだが、この「聖なるおなら」は信徒たちに大変好評のようで、ペネロペ牧師に放屁してもうために最大2カ月ほど待たなければならないという。さらに、そのおならを容器に入れて持ち帰るという人も珍しくないそうだ。

「私は人におならをしているのではなく、人を癒しているのです」とペネロペ牧師は主張している——。

参考:「Daily Star」「Times Now News」ほか

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「信者の顔の上で放屁」して癒しを与える牧師出現!「聖書が警告していた人類滅亡の兆候だ」聖職者たちが顔面騎乗屁にブチギレ!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル