拷問、屈辱、死のライブ中継をYouTubeで視聴する「トラッシュ・ストリーミング(ごみ配信)」が流行中! 強姦、ウジ虫…許しがたい壮絶映像の内容とは?

画像は「getty images」より

 地政学情報サイト「Great Game India」(4月5日付)によると、視聴者がお金を払って拷問や屈辱、死のライブ中継をYouTubeで視聴する「トラッシュ・ストリーミング(ごみ配信)」と呼ばれるダークなトレンドが存在するという。特にロシアの「トラッシュ・ストリーマー(ごみ配信者)」は過激で、カメラの前で他人に精神的・肉体的な虐待を加え、時には魚の内臓やウジ虫を食べさせるなどのグロテスクな行為に走るそうだ。

 トラッシュ・ストリーマーの一人だったロシア人ユーチューバーのMellstroyは、ライブ配信中に突如、女性の頭をテーブルに何度も激しく叩きつけ、YouTubeから追放された。映像で見るとジョークのような感じだが、実際に女性は顔面に怪我を負っている。

 

女性の頭をテーブルに何度も激しく叩きつけ怪我を負わせたトラッシュ・ストリーマー。画像は「Great Game India」より

 

 さらに過激なのはロシア人ユーチューバーのStas Reeflayだ。彼はライブ配信中に同居する恋人を氷点下の中バルコニーに閉じ込め、死亡させた。というのも彼は視聴者から750ドルで女性を虐待するようリクエストされたからだという。

 

恋人を殺害したトラッシュ・ストリーマー。画像は「Great Game India」より

 

 また他にもホームレスを食料と引き換えに生き埋めにしたり、女性の家に押し入って強姦に及んだり、母親とキスをし殴りつけた者もいる。その結果、彼らはプラットフォームから追放され、犯罪性があれば逮捕されるわけだが、たとえ1つのプラットフォームから追放されても、またすぐに別のプラットフォームで過激な配信を続けるという。

 

ホームレスを生き埋めにするトラッシュ・ストリーマー。画像は「Great Game India」より
母親を殴りつけるトラッシュ・ストリーマー。画像は「YouTube」より

 

 ライブ配信で稼げる限り、彼らがいなくなることはないだろう。この気が狂ったトレンドはいつまで続くのだろうか?

参考:「Great Game India」、ほか

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

拷問、屈辱、死のライブ中継をYouTubeで視聴する「トラッシュ・ストリーミング(ごみ配信)」が流行中! 強姦、ウジ虫…許しがたい壮絶映像の内容とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル