【重要】ツイッター社のナンバー2が「世界規模の政治的検閲強化」を語る映像がリークされる! 言論統制の衝撃内容が判明!

ビジャヤ・ガッデ氏。画像は「The Gateway Pundit」より


 先日、ツイッター社のジャック・ドーシーCEOが、トランプ大統領のアカウント停止と、今後の検閲プランについて話す映像がリークされたが、今度は同社法務責任者が、世界規模での政治的検閲について語る映像がリークした。米保守系ニュース「The Gateway Pundit」(1月18日付)が報じている。

 同映像をリークしたのは、またしてもゲリラ的な潜入・隠し撮り取材で知られる米NGO団体「プロジェクト・ヴェリタス」だ。

 ツイッター社の法務・ポリシー・信用及びセキュリティ責任者のビジャヤ・ガッデ氏は、「市民活動の阻害に関するポリシーの施行を強化し、選挙詐欺などのコンテンツを無効化するラベルを使用することを決定した」と語った。

「興味深いことの1つは、ここ1週間私たちがしてきた作業の多くが、誤解を招くような情報や暗号化されたレトリックの結果により暴力が引き起こされてきた世界中の他の場所で私たちが築き上げてきたものだということです」

「選挙干渉、選挙詐欺、選挙が盗まれたという趣旨の潜在的に扇動的なコンテンツの拡散を止めるために、私たちは市民活動の阻害に関するポリシー(civic integrity policy)の施行を強化し、そうした活動を無効化するラベルを使うことを決定しました」

「これらの選挙詐欺ツイートに含まれる情報、つまり選挙が盗まれ、大規模詐欺な選挙詐欺があったという誤解を招くような情報と結合した、実際の現場で起こっていることの深刻さは、市民の誠実性に関するポリシーの施行方法に関する私たちの分析に変更を迫っていると考えています。現場で起こっていることを見てきた立場からすると、選挙詐欺に関するツイートはずっと深刻なポリシー違反です」

【重要】ツイッター社のナンバー2が「世界規模の政治的検閲強化」を語る映像がリークされる! 言論統制の衝撃内容が判明!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル