【宇宙人】全身に赤いマーク、体毛が異常成長、3人消失…エイミーの不気味すぎるエイリアンアブダクション事件

 UFOによる誘拐事件(エイリアンアブダクション)では大抵の場合、被害者が単独、あるいは一緒にいた相手共々さらわれて、放射能などの物証が残されていることはあっても、第三者による目撃証言があることは少ない。2001年にオーストラリアで起きたケースはその例外で、被害者の友人が、UFOにさらわれるまさにその瞬間を目撃しているのだ。この事件の顛末を、オカルトニュースメディア「Mysterious Universe」(1月11日付)からご紹介する。

The Strange Alien Abduction of Amy Rylance (Mysterious Universe)

エイミー・ライランス。画像は「Mysterious Universe」より引用

 2001年10月4日の夜、クイーンズランド州の小さな町ガンディアに住むエイミー・ライランス(当時22歳)はリビングのソファーで就寝した。この日、家には友人のペトラが遊びにきていて、ゲストルームには彼女が、メインベッドルームでは夫のキースが眠りについていた。

 午後11時半ごろのこと。それまで静かだった夜は突然の嵐に襲われ、気になったペトラは起きてリビングのエイミーの元へと向かった。リビングに入ったペトラは、そこで思わぬ光景に出くわした。「長方形の光線」がエイミーを空中に持ち上げ、窓から外の円盤状の乗り物に連れ去ったのである。

 パニックに陥ったペトラは半狂乱になりながら逃げ、キースに助けを求めた。にわかには信じがたい話だったが、キースがリビングに向かうと、そこに妻の姿はなく、割れた窓だけが残されていた。キースは必死に妻を探し回ったが、家の中にも外にもエイミーの姿はなかった。この時、エイミーの姿が消えた窓の外では、花の茂みが片側だけ、高温にさらされたようになっていたという。警察に通報し、警察による捜査が始まった後も、キースとペトラは懸命にエイミーを探し続けた。

 それからしばらくして、キースのもとに一本の電話がかかってきた。電話を取ると、相手は見知らぬ女性で、なんと「エイミーを保護した」と告げた。さらに話を聞くと、「エイミーはガソリンスタンドでぼんやりしているところを発見され、『あーあー』言うばかりでしかも脱水状態になっていたから、今は病院にいる」という。驚いたことに、今エイミーがいるのはマッカイという、自宅から800キロも離れた場所だった。つまり、エイミーはたった1時間半で、車でも8時間かかる距離を移動したということになる。

【宇宙人】全身に赤いマーク、体毛が異常成長、3人消失…エイミーの不気味すぎるエイリアンアブダクション事件のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル