【その通り】「UFOについて心を開いておくべき」「宇宙人文明との接触もうすぐ」ミチオ・カク氏

「The Guardian」の記事より

■我々のほうから“手を差し伸べる”べきではない

 UFOとエイリアンに対して心を開いておくとする一方でカク氏は地球外文明との接触については細心の注意を払わなければならないと警鐘を鳴らしている。間違っても我々のほうから“手を差し伸べる”べきではないというのだ。

「私たちが彼らに手を差し伸べるべきだと信じている私の同僚が何人かいます。それはひどい考えだと思う」とカク氏はかつて「ガーディアン」紙に語っている。

「何百年も前にメキシコでコルテスに会ったとき、モンテスマに何が起こったのかは誰もが知っています。さて個人的には、そこにいるエイリアンは友好的だと思いますが、ギャンブルはできません。 ですから、連絡はとることになるとしても慎重に行う必要があります」(ミチオ・カク氏)

 かつてのアステカ王国はそれまでまったく接触のなかった西洋文明を背景にしたスペイン人のコルテスの軍勢に征服され、文明が滅亡することになった。これと同じことが地球とエイリアン文明の間でも起こり得るとカク氏は警告している。

「Daily Star」の記事より

 すでに発射準備が整い、早ければ10月31日にも打ち上げられる予定の「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」だが、この最新鋭宇宙望遠鏡で人類が遂に地球外文明の痕跡を発見できる可能性が高いことをカク氏はかつて英紙「The Observer」に話している。

「まもなく軌道上にジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が設置され、何千もの惑星を見ることができるようになります。そのため、私たちが異星人の文明と接触する可能性は非常に高いと思います」(ミチオ・カク氏)

 先進的な地球外文明との接触については故スティーブン・ホーキング博士も生前、我々のほうから関わってはいけないと警告していた。我々の技術水準よりも何百万年も進んだ先進的な地球外文明との接触には万全の注意を払って臨むべきなのだろう。

参考:「Futurism」ほか

 

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

【その通り】「UFOについて心を開いておくべき」「宇宙人文明との接触もうすぐ」ミチオ・カク氏のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル