【その通り】「UFOについて心を開いておくべき」「宇宙人文明との接触もうすぐ」ミチオ・カク氏

「The Guardian」の記事より

■我々のほうから“手を差し伸べる”べきではない

 UFOとエイリアンに対して心を開いておくとする一方でカク氏は地球外文明との接触については細心の注意を払わなければならないと警鐘を鳴らしている。間違っても我々のほうから“手を差し伸べる”べきではないというのだ。

「私たちが彼らに手を差し伸べるべきだと信じている私の同僚が何人かいます。それはひどい考えだと思う」とカク氏はかつて「ガーディアン」紙に語っている。

「何百年も前にメキシコでコルテスに会ったとき、モンテスマに何が起こったのかは誰もが知っています。さて個人的には、そこにいるエイリアンは友好的だと思いますが、ギャンブルはできません。 ですから、連絡はとることになるとしても慎重に行う必要があります」(ミチオ・カク氏)

 かつてのアステカ王国はそれまでまったく接触のなかった西洋文明を背景にしたスペイン人のコルテスの軍勢に征服され、文明が滅亡することになった。これと同じことが地球とエイリアン文明の間でも起こり得るとカク氏は警告している。

「Daily Star」の記事より

 すでに発射準備が整い、早ければ10月31日にも打ち上げられる予定の「ジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡」だが、この最新鋭宇宙望遠鏡で人類が遂に地球外文明の痕跡を発見できる可能性が高いことをカク氏はかつて英紙「The Observer」に話している。

「まもなく軌道上にジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が設置され、何千もの惑星を見ることができるようになります。そのため、私たちが異星人の文明と接触する可能性は非常に高いと思います」(ミチオ・カク氏)

 先進的な地球外文明との接触については故スティーブン・ホーキング博士も生前、我々のほうから関わってはいけないと警告していた。我々の技術水準よりも何百万年も進んだ先進的な地球外文明との接触には万全の注意を払って臨むべきなのだろう。

参考:「Futurism」ほか

 

文=仲田しんじ

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

12月6~12日「今週のアナタを襲う絶望」がわかる戦慄の4択診断! Love Me Doが回避法伝授

■2021年12月6日~12日「今週の不幸を回避し、運命...

人気連載
「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

「遺体に抵抗の痕跡なし」が示唆する戦慄の犯行経緯とは!? 未解決・板橋資産家夫婦放火殺人事件の闇

 前編で指摘した観点から、筆者はこの事件を、Aさん夫妻に...

人気連載
霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

霊障に効果があるクリームが存在!高い波動で悪霊を退散する最強グッズ3選

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

【その通り】「UFOについて心を開いておくべき」「宇宙人文明との接触もうすぐ」ミチオ・カク氏のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル