キメセクを止められない本当の理由とは? 脳レベルで麻薬の危険性が理解できるヘルドクター・クラレの解説

「ダメ。ゼッタイ。」――そんな標語が聞かれるようになって久しい。令和2年、日本での違法薬物の状況は目も当てられない。まず「大麻」事犯の検挙人員は7年連続で増加、4年連続で過去最多を更新。30歳未満の「大麻」事犯が全体の65%以上を占めており、若者世代における乱用は日増しに拡大している。背景には、諸外国での大麻の医薬利用の認可や、国際会議等における積極的な議論があるとされる。

 財務省によれば、昨年1年間だけで違法薬物の押収は5年連続で1tを超えて2tに迫る見込みだ。覚醒剤、大麻、あへん、麻薬(ヘロイン、コカイン、MDMA等)といった不正薬物全体の摘発件数は733件である。

 特に覚醒剤の摘発件数は、コロナ禍の影響もあってか72件(83%減)、押収量は約800kg(69%減)と共に減少した。しかし、この量でも薬物乱用者の通常使用量で約2,668万回分、末端価格にして約512億円に相当するのだ。現在、多くの人がストレスを抱えた状況にあるが、それを言い訳にして人生を棒に振るような事態を避けるためにも、適切な知識が必要となる。以下、警告の意味も込めて2016年2月の解説記事を再掲する。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【ヘルドクター・クラレのググっても出ない毒薬の手帳 第5回、覚せい剤/後編】  

・前編→シャブ最大の問題点を徹底解説!  ・中編→シャブ漬けになる科学的理由を解説!

【覚せい剤の難しい説明いきまーす】

 覚せい剤とは、混合型交感神経作動薬で、内因性カテコールアミンの排出を亢進し、臓器を活性化させ、体温や血圧を上昇させ活力を生み出し、脳内ではMAOインヒビターとして働き、末梢神経系のα、βアドレナリン受容体中枢神経系でもアドレナリン受容体へアゴニストとして働き、報酬系などでモノアミン濃度が上昇し多幸感を感じさせます。

 さて今回は、この文言の意味が分かるように説明いたします。いや~長かったw

 おそらく、今から説明する文章を読めば、覚せい剤が、いかに「ヤバい」ものなのか、脳の機能レベルで理解ができるので、そうした危ないものだと知って手を出すかどうか……で初めて「麻薬の教育」というものが成立すると思うんです。

「麻薬は違法なのでダメ、ゼッタイ」

 じゃあ、興味本位でやっちゃうに決まってるわけで……。

  ■人間は報酬系のために生きている

 前編でもお伝えしたように、覚せい剤というのは、非常に高い快感や達成感を与えてくれます。そして、そのメカニズムを知ればけっこうガッテンしてロッテンしてもらえるかと思います。(※理解して、麻薬の危険性を思い知るという意味)

キメセクを止められない本当の理由とは? 脳レベルで麻薬の危険性が理解できるヘルドクター・クラレの解説の画像1画像は、Wikipediaより。下記文章をあらわした図

 まず、神経と神経の間は空間があって、電気刺激が来ると、終端で化学物質を放出します。相手側の神経細胞には「受容体」というのがあって、そこにパチンコの玉(ドーパミンなどの伝達物質をリガンドといいます)が、相手側のパチンコのチューリップのごとき受容体(レセプター)にガチャンと入ると、レセプターは細胞の中に沈んでいって、信号が来ました! と伝えるわけです。

●花粉症のクスリが眠くなる理由とは?

 この機能は脳だけでなく体にもあって、例えば、花粉症の薬として知られる抗ヒスタミン剤はヒスタミンというリガンドが花粉症の不快な症状を起こす神経系でのレセプターに蓋をして、刺激を伝えないようにすることで薬として働いているわけです。一方、脳内の神経系ではヒスタミンは「起きてる」状態を維持する神経系で使われていて、ここの神経系に入り込んだ抗ヒスタミン剤は、当然その部分も蓋しはじめるので、「起きてる」感が失われていき……副作用として眠気が出るわけです。

 このように、レセプターなどを邪魔するものを「アンタゴニスト」というのですが、覚せい剤のように機能を促進するのが「アゴニスト」と呼ばれるものです。

 もちろん、神経系の場所によって同じ薬が、アゴニストとして働く一方、アンタゴニストとして働くこともあるので、お間違えのないように。 

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

キメセクを止められない本当の理由とは? 脳レベルで麻薬の危険性が理解できるヘルドクター・クラレの解説のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル