“不幸中毒”の男が大暴走するトカナ配給映画『PITY ある不幸な男』公開目前!! 精神科医・心理学者・著名人から大絶賛コメント到着!

不幸中毒の男が大暴走するトカナ配給映画『PITY ある不幸な男』公開目前!! 精神科医・心理学者・著名人から大絶賛コメント到着!の画像1

『PITY ある不幸な男』
(配給:TOCANA)

2021年10月8日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷
池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテ他 全国ロードショー!
公式サイト:pity.jp

血も涙も枯れ果てた、そして――。
悲しみに囚われた愚かな男がたどり着く、世にも愚かな不条理劇。

 この秋、他人の親切心に漬け込み、悲劇のヒロインを演じ続ける歪んだ男が劇場を襲う! 
『籠の中の乙女』、『ロブスター』、『聖なる鹿殺し』など胸糞映画の鬼才、ヨルゴス・ランティモス監督作の脚本を多く手掛ける、エフティミス・フィリップによる最悪のサイコスリラー『PITY ある不幸な男』がTOCANA配給で全国ロードショー決定!

全国公開が間近となる中、精神科医による精神分析&各界著名人よりコメント到着!

精神科医が”不幸中毒”の病、ミュンヒハウゼン症候群を指摘!

病気の捏造は病気である。ほら吹き男爵として伝えられる男の名にちなんでミュンヒハウゼン症候群と呼ばれている。医者は患者がわざと病気を捏造しているなんて考えないから、すぐに騙される。でも検査をしたりよく観察したりするうちにどうもこれはおかしいと気づくのだが、その気配を察するとミュンヒハウゼン症候群の人はその病院から消える。そしてどこか別の土地の病院にかかり、同じことをするのだ。なにが嬉しくてそんなことをするのか。いまだにわかっていない。なにしろばれそうになると消えるから調べようがないのだ。本作で、彼が体験しているのは破滅か至福か。もはや彼自身にもわからなくなっているのかもしれない
(劇場用パンフレットより抜粋)

精神科医・林公一氏(ウェブサイト「Dr.林のこころと脳の相談室」運営)

各界著名人より推薦コメント到着!

妻が意識不明となる悲劇に見舞われた男。彼は周囲からの同情を浴びるうち、やがてそれに快感を見出してしまう。だがある日突然、男は誰からも心配されなくなってしまう。愛する妻の回復によって……。確かに他人に気に掛けられると嬉しい。しかし、自らそれを求めてしまった瞬間、その人は恐るべき怪物と化してしまうんですね。他人の同情なしでは生きられなくなった男の行く末が、滑稽かつ徹底的に恐ろしく描かれる。なんて悪意に満ちた物語を思いつくんだろうか。観れば心がざわつくこと請け合いの作品だ。
―人間食べ食べカエル(人喰いツイッタラー)

とても過激な問題作だが、人間の心理学的側面を見事に射抜いていると言わざるを得ない。
究極的に人間は、得たものではなく、喪失したものの中でしか安住することは出来ないのだから。
―名越康文(精神科医)


同情されて生きることは、もしかしたら「生きやすい」のかもしれない。
私の身の回りにも、生きやすさや心地よさが誰かの同情の上に成り立っている人間が一定数いるように思える。
私はそういった生き方を悪いことだとは思わないが、ダサいことだとは心底思う。
まさに「気をしっかり持って」と感じる。
しかし、同情を抱かせることは人の善意や好意を動かすことに長けているので、
この映画の主人公のような、あきらかに人生でこれといった注目を浴びてこなかった人、
要するに”陰キャ”には手放せない快感なのだろう。
人から同情を集めることは、注目を集めることになるから。
そして、それは自分を物語の主人公になった気にさせてくれるから。
―妹尾ユウカ(コラムニスト)


嫌なことがあったら言いたい。言って、大変だったね、と返してほしい。だって大変なのだから。誰もが持つ普遍的なエゴを滑稽に、時としてシリアスに描いたヒューマン・ドラマ。ランティモスの3作と比べて本作は比較的わかりやすく、伏線やメタファーを織り交ぜながらコンパクトにまとめあげた秀作であることは間違いない。
―城戸(ライター)


サイコスリラーに“ふさわしい”、ショッキングな描写もあるが、何よりも描きたかったのは、人の心の脆弱さだと強く感じた。
―出口保行(犯罪心理学者)

 

【狂気が垣間見える予告編解禁!】

愛する妻が目を覚ました。その瞬間、男の狂気が覚醒する。
 不幸なときだけ幸せを感じる男の物語。ティーンエイジャーの一人息子と、小綺麗な家に住み、健康で、礼儀正しく、概ね身だしなみは良い、一見何不自由ない弁護士の男性。しかし彼の妻は不慮の事故により昏睡状態に陥っている。彼の日々は妻を想ってベッドの隅で咽び泣き、取り乱すことから始まる。境遇を知り、毎朝ケーキを差し入れる隣人、割引をするクリーニング屋、気持ちに寄り添う秘書など同情心から親切になる周囲の人々。この出来事がもたらした悲しみはいつしか心の支えとなり、次第に依存してゆく。そんなある日、奇跡的に妻が目を覚まし、悲しみに暮れる日々に変化が訪れ…。楽園を失った男はやがて自分自身を見失い、暴走する。

不幸中毒の男が大暴走するトカナ配給映画『PITY ある不幸な男』公開目前!! 精神科医・心理学者・著名人から大絶賛コメント到着!の画像2

不幸中毒の男が大暴走するトカナ配給映画『PITY ある不幸な男』公開目前!! 精神科医・心理学者・著名人から大絶賛コメント到着!の画像3

世界が震撼した、ラスト30分の衝撃――。
 2018年サンダンス国際映画祭ワールドシネマドラマティックコンペティション部門でプレミア上映後、数々の映画祭に出品され話題を呼んだ本作。『籠の中の乙女』『ロブスター』など、ヨルゴス・ランティモス作品を多く手掛け、アカデミー賞脚本賞にノミネートされた脚本家、エフティミス・フィリップとギリシャの新鋭監督、バビス・マクリディスがタッグを組み、人間の本質を暴く不穏なサイコスリラーが誕生。歪んだ男のエゴイズムを美しく、淡々と描く怪作がついに日本公開!!

不幸中毒の男が大暴走するトカナ配給映画『PITY ある不幸な男』公開目前!! 精神科医・心理学者・著名人から大絶賛コメント到着!の画像4


『PITY ある不幸な男』

監督:バビス・マクリディス/脚本:バビス・マクリディス/エフティミス・フィリップ/出演:ヤニス・ドラコプロス/エヴィ・サウリドウ/マキス・パパディミトリウ
©2018 Neda Film, Madants, Faliro House
2018年/ギリシャ、ポーランド/ギリシャ語/99分/カラー/1.85:1/5.1ch/DCP
後援:駐日ギリシャ大使館/提供:シノニム/配給:TOCANA( https://tocana.jp/

不幸中毒の男が大暴走するトカナ配給映画『PITY ある不幸な男』公開目前!! 精神科医・心理学者・著名人から大絶賛コメント到着!の画像5

2021年10月8日(金) ヒューマントラストシネマ渋谷
池袋シネマ・ロサ、新宿シネマカリテ他 全国ロードショー!
公式サイト:pity.jp

構成=編集部

地震予知、不思議科学、UFO、オカルト、世界遺産など知的好奇心を刺激するニュースを配信
Twitter:@DailyTocana
Instagram:tocanagram
Facebook:tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載
【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【前代未聞】「占い師になれる人の手相」をLove Me Doが暴露! 凄まじい霊感の持ち主!

【手相】“占いの才能”を秘めた手  今回はラブち...

人気連載
心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

心霊懐疑派も絶句! 誰もが恐怖体験をする“絶対出る”ホテル怪談がヤバい!

――タイ在住歴20年の私バンナー星人が、タイ社会では馴染...

人気連載
3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

3分横たわると50歳若返る「メドベッド」の真実とは? 波動研究家が「最新・最高の波動グッズ」を徹底解説

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世...

“不幸中毒”の男が大暴走するトカナ配給映画『PITY ある不幸な男』公開目前!! 精神科医・心理学者・著名人から大絶賛コメント到着!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル