【ガチ】宇宙人の発見・対話に向けてNASAが牧師を雇用! 本格的なエイリアン邂逅に向けて24人のプロが集結

画像は「Getty Images」より

 アメリカ航空宇宙局(NASA)が牧師を雇い、宇宙人の発見と接触に備えているという。英紙「Daily Star」(12月23日付)が報じた。

 NASAは地球外生命体の発見に対して、世界のさまざまな宗教がどのように反応するかを調べる計画の一環として、24人の神学者の助けを借りているそうだ。その中には、英国の聖職者であり、ケンブリッジ大学の神学者であるアンドリュー・デイヴィソン博士も含まれている。

 オックスフォード大学で生化学の博士号も取得しているデイヴィソン博士は、地球外生命体を見つける可能性がますます高まっていると考えているという。著書『Astrobiology and Christian Doctrine(宇宙生物学とキリスト教の教義)』では、神が宇宙の別の場所で生命を創造した可能性について問いかけており、また、神は宇宙人の罪のためにメシアを遣わされたのか問いかけいている。

画像は「Getty Images」より

 こうしたNASAの動きは、地球外生命体発見の時が刻一刻と近づいていることを意味しているのだろうか? 現在、クリスマスイブに打ち上げられたジェームズ・ウェッブ望遠鏡をはじめ、宇宙への理解を深めるためのさまざまな新しいミッションが期待されている。また、欧州宇宙機関(ESA)の探査機「ロザリンド・フランクリン」が来年打ち上げられる予定だが、この探査機は火星の表面に穴を開けて微生物の化石を探し、生命の痕跡を直接検出することが大きな目的の1つだ。

 地球外生命体の発見は時間の問題かもしれない。今後に期待したい。

参考:「Daily Star」、ほか

関連キーワード:, ,
TOCANA編集部

TOCANA/トカナ|UFO、UMA、心霊、予言など好奇心を刺激するオカルトニュースメディア
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web
YouTube: TOCANAチャンネル

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

【ガチ】宇宙人の発見・対話に向けてNASAが牧師を雇用! 本格的なエイリアン邂逅に向けて24人のプロが集結のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

人気記事ランキング17:35更新